人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

路上の物売り

前にも書いたことがあるかなあ・・・

ここでは、車で信号待ちをしていると、いろいろな人が
やってくる。
窓を開けるのもコワイから、値段は全く知らないけど。。。

朝は、新聞売り。
これは、1年中なんだけれど。

みかんや、オレンジなどの果物を売る人。
時期によって色々変わる。

くじを売る人。

年に数度、寄付を求めてくる教会や病院関係者。

ボールやバトンの技(というほどでもない)を披露して、
お金をもらう小学校に通うぐらいの年の少年や少女。

子どもを抱いて、プラスチックの容器を振って、
お金をせびりにくる山からやってきたインディオや若い母親。
人によっては、作ったものを売っていたりもしている。

子どものオモチャ、帽子、洋服など何でも売る人。
この人たちは、本当に時期に応じて売るものががらりと違って、
ワールドカップやコパアメリカなどの国際試合の時は、
いろいろな国の旗やステッカーなど、
クリスマスやカーニバルの時期は、花火やパーティーで使う
帽子などの小道具などさまざま。
たぶん、元締めが次から次といろいろ考えてくるんだと思う。


そういう中で、ここ半年ぐらい全く同じものを持って売っている
人が一人だけいる。
それが、ジューサーと地球儀と三角定規という、
不可思議な組み合わせ。まさに頭に???が浮かぶ。

初めは、どこかの家で盗まれたものかな~なんて思っていたけど、
真相はどうだか分からない。
それにしても、いつ見ても同じものを持っているところを見ると、
あれは全く売れていないんだと思う。

たぶん、この半年全く売れない品物を、
今日も売り歩くこのおじさんの生活が気になって仕方がない。
いったいどうやって生活しているんだろう。。。
by cocowaqui | 2008-01-31 12:34 | 日常生活(ベネズエラ編) | Comments(4)

ヘコむこともあるけれど・・・

先日言うにも足らないものを、ある人に貸したまま
帰ってこなかった。
正直ちょっと、返してくれないのかなあ・・・と思っていたら、
昨日、それに加えて、高価なペンをつけて返してくれた。
f0136783_612519.jpg

英語の手紙も添えられてあって、10年前にとある記念に作ったものが
出てきたからお詫びのしるしに差し上げます、とのことだった。

今度は恐縮したのは、こちらの方。
返してもらったのが、何だかとても悪いように感じてしまって、
昨年日本に一時帰国したときに、こんなとき用として買ってきておいた品に、
手紙を添えて差し上げることにした。

のはいいんだけれど、英語の手紙だし、渡す品物が日本独特のものだし、
どう言い回せばいいのか詰まって、書く気は失せ、
やらなきゃいけないスペイン語の課題へのやる気を失い、

・・・料理に逃げた。

玉子が最近は屋台で手に入るのと、NYで買ってきたタケノコの水煮、
それと意外と良さそうな大根があったので、
夕食は
かに玉/大根の野菜と蟹の葛あんかけ/
高野豆腐と野菜の炊き合わせ/インゲンのゴマ和え
を作った。
f0136783_6151023.jpg

案の定、大根は少しスが入っていたけれど、久々にダシをきちんととった
ちゃんとした料理を作った。
いつもは・・・。
気が向かないと作らないので、私のは「趣味の料理」なのだ。

で今回、作ったものの写真を撮ってみて思ったこと。
料理は美味しかったんだけど、
それをはたから見ても美味しそうに盛りつけをするのって、
センスも大事だけど、手先の器用さが重要なカギなんだろうな、ということ。
不器用な私には難しい作業だった。

ということで、自作の料理写真は、今後もあまり出さないと思う。
疲れちゃった。

で、肝心な手紙は未完のまま夜を迎えて、
結局下書きはしたものの、赤入れされ、ほとんど書き替えられて、
それを清書して結局渡すことにした。
ダメじゃん、私。


そして今日。
メイドさんが来る日。
外出して帰ってきたら、びっくり。
高野豆腐とかんぴょう、椎茸、玉子、カニかまを具にして
太巻き寿司を作っていた。

以前いた日本人の人に習ったらしい。
材料は持ってきたけど、面倒で一度も作ったことないのに・・・
うわっ、ベネズエラ人に負けてる日本人だ。
ダメじゃん、私。連日連敗。。。

しかも、美味しかったのよね、これが。
やっぱりいいメイドさんだ♪
もうグチなんて言わないよ~!

私も手伝って巻いてみたけど、キレイに巻けず。。。
こっそり、練習して上手くなろうっと!

そんな私の今日の慰めは、久しぶりに焼きたての美味しいパン
が買えたこと!
チーズのかかってるパンが、1本6ボリ(公;約300円、裏;約120円)。
f0136783_6171727.jpg


まあなんだかんだいっても、イイ日だ~♪
by cocowaqui | 2008-01-29 15:21 | 日常生活(ベネズエラ編) | Comments(4)

ハカラメ

ハカラメ、って知ってます?

セイロンベンケイソウと言うのが正式名らしいけど、
マザーリーフとも言われる植物。
なぜ、ハカラメとかマザーリーフと呼ばれるかというと・・・
そのワケは追い追い・・・

日本にいたときに、ある方から
「これ面白いのよ、そのまま放っておいてご覧なさい」
と言われて頂いた、一見なんてことない厚みのある葉。

あれよあれよという間に増えて、たちまちウチは
ハカラメの鉢だらけに。

暇つぶしに日本から持ってきた。
日本では、小笠原諸島など暑い地域にしかないというので、
たぶんこの辺にもあるんじゃない?
いう適当な判断で。


ハカラメというワケは、葉のギザギザから
芽と根が出て来るから。
まさにその名の通り、「葉から芽」なのです。
ものスゴク生命力が強いとか。
(これは一箇所だけから、だけど)
こんな感じで増えていきます。
10日前のもの。
f0136783_8195787.jpg

今日のもの。
f0136783_822314.jpg


着々と育っています。
放っておいてたまに水をたらしておくだけで、伸びてくれるので
無精な私にはピッタリ♪
by cocowaqui | 2008-01-28 14:11 | 日常生活(ベネズエラ編) | Comments(2)

ある休日の発見

先週の初めに雨が降って以来、まとまった雨が
降らなくなった。

いよいよ、雨季も終わりらしい。
相変わらず雲の動きは早いが、青い空が戻ってきた。
暑い日々がまたやってきた。
f0136783_7511564.jpg


ゴルフ場では、あちこちに小さな花が咲いていた。
f0136783_7485539.jpg


この花は、ピンク、黄もあった。
f0136783_7491766.jpg

踏みつぶされても、けなげなのよね。

f0136783_814447.jpg

自然や資源の豊かさを思えば、なんていいところだ~
でも相変わらず、牛乳や砂糖、小麦粉がないね。


そう思って帰る矢先に、ついこの間までなかったこんな表示が
書かれていた。
(補足:国有化されている企業が増加している、その中のここは一つ)

「社会主義企業
祖国に、社会主義か(さもなくば)死を、我々は勝利する!」
f0136783_844412.jpg


・・・ダメだわ、こりゃ。
by cocowaqui | 2008-01-27 07:46 | 日常生活(ベネズエラ編) | Comments(0)

穏やかな一日・・・かな?

朝起きたら、あんこが食べたくなった。

日本から買ってきた大納言(前回の小豆とは別)を煮て、
お餅を焼いて、お汁粉(関西は善哉?)を作った。

おしることいえば、お抹茶か?
久しぶりにお茶まで点てた。
f0136783_23401860.jpg

美味しかった。
ちょっと余裕が出てきたのかも♪


最近、古い映画を見始めた。

午前中は、「おかあさん」(1952年、成瀬巳喜男監督)を観た。
主演は田中絹代、香川京子。

家族が亡くなったり、子どもが親戚にもらわれていったりと
いう筋だけを聞くと、救いのない内容と思いきや、さにあらず。
優しいけれど芯が強いお母さんと、
まるで花がそこに咲いているような可憐な長女。
お母さんに甘えたいけれど、預かっている従弟にとられて
もっと愛情がほしい次女。
母親から離れて一人伯母のところで世話になっている
やんちゃな従弟。

出てくる登場人物は、みんなかつてどこにでもいたような市井の人々。
でも近所の叔母さんから小さな子どもたちに至るまで、
いつも誰かをさりげなく思いやっていてあたたかい。
日本人って、かつてはこうだったよなあ。
貧しくても心はいつも前を向いていて、常に思いやりを
忘れていなかった。
どこかに置いてきてしまっているようなこういう感情、
もう一度取り戻さないとなあ、自分も。

とてもあたたかい映画だった。
地味かも知れないけれど、名作だと思う。
f0136783_7161699.jpg


午後は、近くのゴルフ場へ。

お天気がいいせいか、夕方近くになると混雑してきた。
いつもの年の離れた友人と。
最後のホール、
私はあやうく駐車場の車に激突させてしまうようなボールを打ち、
彼女は池ポチャで今日持参した最後のボールを、なくした。
彼女はいつもは上手いんだけどね・・・。
暑くて二人ともバテバテ。
アリにはしっかり刺されたらしく、帰ってきたらふくらはぎが
大きく腫れて熱を持ってるし・・・。

帰りがけ、眠っているような感じで犬がひかれて死んでいた。
最近、犬がひかれているのをよく見る。
埋めてあげる人もいないし、自然と土に還っていくのね。
安らかにお眠りなさい。

ここでの日常が戻ってきた感じ。。。
by cocowaqui | 2008-01-25 17:24 | 日常生活(ベネズエラ編) | Comments(0)

小豆が・・・ 

今日の昼食は、ベネズエラ風混ぜごはん。
それはそれで美味しいんだけれど、お汁粉でも・・・
と思っていた小豆が、カラオタ仕様になっていた。

ダンナは、このメイドさんの作るごはんが苦手。
また今日は、日本から持ってきた貴重なお米と小豆を使って
やけに大量に作ってくれちゃった。
あと2食、いや3食ぐらいこれかなあ・・・。
ちょっとげっそり。

ちなみに、週に2回来てもらっているんだけれど、
この留守中も1日来てくれてると思っていた・・・でも戻ってきたら
出て行ったときのまま。
今日、聞いてみたら「来てない」とのこと。
来ていても来ていなくても、留守中の分の日当は支払う。
一応、信頼できるメイドさんを繋ぎ止めて置くための手段の一つ。

実は自分よりも一回り以上の、しかも十年以上も日本人に
雇われているメイドさんに、相当気を遣っている私は、
まるでメイドに雇われているようだ・・・。

まあ、作ってもらえるだけありがたく思わないと♪
・・・すみません、グチでした。
by cocowaqui | 2008-01-17 18:24 | 日常生活(ベネズエラ編) | Comments(0)

極寒のNYから常夏の南米への長い1日

今日は、朝6時35分の便でまずプエルトリコのサンファンへ飛ぶ。
4時半にJFK(NYの国際空港)に着くためには・・・
マンハッタンのホテルを、4時に出るため、3時起き。
眠いし、何より寒い。。。

無事チェックインと、X線チェックを終える。
毎回、靴を脱ぐのが面倒くさい。
でもSSSS(特別チェック)がないだけ、良しとしよう。
これにかかると、完全犯罪者扱いで、すごく感じが悪い。

まだ人がまばらなアメリカン航空専用ターミナル。
自由の女神の模型があった。
f0136783_7493358.jpg


5時から開くのを待って、ラウンジへ。
f0136783_7444749.jpg

オレンジジュースとベーグルを食べて、一眠り。
ふと目を覚ますと、目の前の椅子にケージから顔を出す猫がいた。
アメリカの航空会社は、ペットには随分寛大らしい。

サンファンまでアップグレードしてもらったので、約4時間弱のフライトは楽だった。
機内食は、チーズオムレツとフルーツ。
f0136783_7485121.jpg


10時半、サンファン着。
飛行機から見えるカリブ海の常夏の島は、太陽の光がまぶしい。
f0136783_7541686.jpg


ラウンジは、開放感があって気持ちよかった。
f0136783_7523438.jpg


12時過ぎ、カラカスへ向けて1時間強のフライト。
次の飛行機が、すぐ後ろについていた。
f0136783_756553.jpg


ベネズエラの飛行機は、本当によく遅れるので時間が読めず、
3時間4時間待ちを考えて、乗り継ぎの飛行機を予約する。

今日もやっぱり遅れて、家に着いたのは10時過ぎ。
いつもは、カラカスの空港近くか、街まで上がって1泊して帰るから、
NYから泊まらずに帰れるんだ、という実感。
圧倒的に距離が遠い東京-NY間と、時間的には大して変わらない気が・・・。

はぁ、ベネズエラに着いた途端疲れが襲ってきた。
本当にここから国外に出入りするのは、シンドイ。
by cocowaqui | 2008-01-16 23:05 | 07~ アメリカ | Comments(0)

NY散策&ミュージカル♪

昨夜、地下鉄でホテルまで戻るときの出来事。
ホームで列車を待っていると、黒人の若い男性がイヤホンをつけて
何やらノリノリで歌っていた。

なんだかご機嫌だよ、何聞いてるんだろう?

ちょっと耳を凝らすと、何となく日本語の歌詞っぽい。
うん?日本の歌??

どうやら歌は最後のサビの部分にかかり、彼のテンションも絶好調♪

・・・、ゲキレンジャ~♪

そうきたか!やられた。。。
さすが大都会NY。
ほぼリアルタイムで、日本の特撮テレビシリーズの熱烈ファンが
いるなんて。
なんでもあるなあ、NY。


そんな日の翌日。
ホテルで朝食をとったあと、タイムズスクエア近くまでお散歩。
f0136783_10343973.jpg

Virgin Megastores で、CDを探す。
$8や$10セールをしていて、つい枚数がかさんでしまう。
でも、満足満足。

その後、地下鉄でサウスシーポートのTKTSへ。
過去2回、一人で行ったときは、急行の地下鉄でそのまま川向こうに
行ってしまったり、違う方面に行ってしまったので、今回は3度目の正直。
今回は、初めて上手に乗り継げた。
進歩進歩。

ディスカウントチケットを販売するブース、
TKTSはマリオットマーキスホテル敷地内(46th st. Broadway&8th ave)と
サウスシーポートにあるけれど、前者はいつもスゴイ列で、時間も結構見るからに
かかりそうなので、私はちょっと遠くてもサウスシーポートまで行く。

今日も、待ち人なしのガラ空き。
目的の、コーラスラインのチケット、ゲット!
$111.5→約半額の$56.50(+手数料$4.00)

これで今日の用事がひとつ終了。

今日はこの後何も考えてないので、歩いて暖まるのもいいかなと思い、
歩くことに。
街の風景が、次々と変わっていく。
寒いけど、楽しい。
f0136783_10374386.jpg

重厚な存在感かつエレガントな建築物、発見!
ニューヨーク市庁舎。優雅でステキです。

ソーホーでは、おしゃれなお店が並んでいたので、何軒か覗く。
でも、サイズが・・・特に腕の長さが・・・。

ソーホーのはずれ、アジア系の人たちがやっている露店。
f0136783_10381555.jpg

通りすぎようとしたとき、ふと見てみるとパシュミナが売っていた。
黒が欲しかったんだよね~
と思って、手に取るとその価格、実に1枚$5! 3枚買うとなんと$10!!

ホンマかいな。
と突っ込みたくなったけど、意外と感じが良かったので、試しに買ってみた。
f0136783_10391018.jpg

70%パシュミナ、30%シルクのタグがついていたけど、
こんなのいくらでも付けられるもんね。
パシュミナならぬパシャニナだったりして・・・。
とはいえ、結構キレイな色なので、気に入った。

その後、前に歩いていた人が立ち寄ったお店に、一緒に付いていったら、
そこはディスカウントショップ。
今、日本で大話題のMade in chinaが店中に並ぶ。
そんな中で、また安物に手が・・・
タオルとか掛けるフック欲しかったんだよね、
あっ、リンツのチョコが安~い、
デリで普段売っているミネラルウォーターが、$0.39だ!
と、何もここで買わなくてもと思うものを購入。

気がつけば、荷物が・・・。
安物買いの銭失いだったかなあと思いつつ、昼食を食べていないこと
に気づく。
日本食レストランが多いイーストヴィレッジ付近に差しかかっていたので、
お気に入りの「めんくいてェ~」へ。

マンハッタンに2店舗あるうち、このお店は初めて。
ここの方が、きれいだった。
醤油ラーメンにチャーシューが多めの麺喰ラーメン。
スープにコクがあって、ちょっと懐かしい味。
このお店のラーメンが、NYでは一番好き。
これだけの味がNYで食べられたら、日本に帰らなくてもいいね、
とベネズエラ地方都市在住者は思う。

お腹がいっぱいになった後は、すぐそばの日系スーパー
サンライズマート(29 Third Ave.New York, NY 10003)へ。
何を買うとも決めてなかったけど、納豆とか、おかきとか、
たわいのないものと、明日の朝ご飯用にと
クリームパンやあんパン、カレーパンなど
(PANYAという日系のパン屋さんのパン)を購入。
そろそろ荷物が手一杯になってきたので、地下鉄でホテルに戻る。

ホテルで、少し休憩。
仕事から戻ってきた夫と、7時開演のコーラスラインへ。
f0136783_10402713.jpg

休憩なしの約2時間弱のステージ。
いや~、良かった!
セリフが多いので、日本版を見ておいて良かったとしみじみ思う。
日本の劇団四季版も好きで、何度も見たことがあるけれど、
この作品に関して言えば、やっぱり別物。
セリフの中でNY近郊の地名が出てきたり、
登場人物がプエルトリコ系、中国系などの移民や、
肌の色などが違っていたりなど、
日本では見ながら
「ちょっとムリがあるなあ」
「ここでその地名をいわれてもわからない・・・」
と思っていたことが、
本場で見て全てが腑に落ちた!という感じ。

作られてから30年以上も経っているけれど、
まさにこの舞台のストーリーそのままに、
舞台に立つためのオーディションは、今日もこの劇場の近くで
同じように行われているわけで、そういう意味では臨場感があって、
ドラマチックな感動をで覚えた。
ラストシーンでは、おもわず涙が・・・。
やっぱり名作だ。
f0136783_10404913.jpg


余韻と興奮が覚めやらぬまま、劇場を後にする。
夕食は夫の希望に従って、昼食と同じ「めんくいてェ~」。
またか!って感じだけど、今度はミッドタウンウェストにある別の店舗。
こっちは「商店街で昔からやっていて、味が美味しいので繁盛している
ラーメン屋さん」という雰囲気。

ラーメンはお昼に食べたので、ご飯ものをと思い、チャーハンと餃子を注文。
ウマかね、これが日本の味たい。
そんな感じ。
f0136783_10415938.jpg

かつて連れて行ってもらったところで、焼鳥屋さんやおそば屋さん、
焼き肉屋さんなど、ここは日本?と思ってしまうような美味しい
日本食のレストランもたくさんあるんだけれど、やっぱり同じお店ばかりに
なってしまうんだな、これが。

今夜が最後の、夜のタイムズスクエア。
寒いけど、この寒さが心地よい。
明日はまた、暑いところに帰るんだ・・・。
f0136783_10412283.jpg

by cocowaqui | 2008-01-15 23:15 | 07~ アメリカ | Comments(0)

ワシントンD.C.へ その2:ミュージアム三昧♪

ビジターセンターを出て、ナショナルギャラリーへ。
f0136783_6432270.jpg

入り口には、人影が見えず。。。
もしかして休み?
そう思っていたら、扉が開いて人が出てきた。
よかった、開いていた。

荷物チェックを受けて、中へ。
時間が早いせいか、まだ人はまばら。
地図をもらって、せっせと鑑賞。
f0136783_6441889.jpg


写真を撮ってる人もいたけれど、限られた作品だけ許されて
いるらしい。
下手に撮って、巡回している強面の警備員に注意されたら嫌だし・・・。
メモぐらいはいいかなと思って、シャープペンでメモを取っていると、
何度か

Mis'!

と聞こえてきた。
声のする方を振り向くと、強面の警備員がじっと見ていた。

誰?私??

注意されてるのは私らしい。
ペン使ってないのに・・・ダメなの?
何だかとても愛想がないのは、無料の施設だからなのか・・・。

3時間ほど鑑賞。
絵画以外では、この天使の噴水にとても心惹かれた。
f0136783_73961.jpg


お昼を過ぎてそろそろお腹も空いてきたけど・・・
周りは博物館ばっかりだし、つぎ行ってみよう♪

で、モールを挟んで真正面に建っている航空宇宙博物館
へと行った。
f0136783_6513228.jpg


かつては、広島に原爆を落としたエノラゲイもここに展示されて
いたけれど、今では空港近くの別館に移されたらしい。
日本人としては是非とも見ておきたいものだったので、がっかり。
やはり、国民感情が微妙に反映されてのものなのかな。

ただ海・空軍のコーナーでは、対日本軍との太平洋戦争の
展示コーナーがあり、見学者で唯一の日本人としては、
何とも言えない複雑な気持ちになった。
これは軍艦。
f0136783_705939.jpg

なんだか、アメリカの軍備の発達は素晴らしいでしょう、
という自負と押しつけを感じて、真理がなんなのか分からなくなる。

でも、はっきりと言えることは、
「やっぱり戦争はいやなものだ」
ということ。


とはいえ、楽しいものもたくさん♪
1903年にライト兄弟が初めて空を飛んだ動力飛行機とか、
f0136783_655463.jpg

リンドバーグが大西洋を単独横断したときの飛行機とか、
f0136783_7631100.jpg

いろいろな旅客機とか、
f0136783_658079.jpg

ロケットの内部とか、
f0136783_6582477.jpg

触れるけど、小さくてよくわからない月の石とか、
f0136783_7244668.jpg

アポロ11号の月着陸船とか・・・。
f0136783_6561849.jpg

この月着陸船の金色のシートは、アルミホイル?と思うぐらい、
薄くてちょっとびっくりした。

まるでおもちゃ箱の中にいるように、楽しかった♪
もっと見ていきたかったけど、お腹も空いたし、いろいろ見過ぎて
頭もボーっとしてきたので、小休止。
1F横のフードコートで、ハンバーガーをパクつく。

そろそろ足も疲れて、時間も夕方なので、朝別れた
ユニオンステーションまで戻ることに。
またゆっくり来たいな。

f0136783_702872.jpg

ベンチで待っていると、いろいろな人がいた。
車いすのホームレスのおじさんは、今日もらったお金を数えながら
寝てしまったり、後ろに座ったおばさんはずーっと独り言をいいながら
パンフレットを読んでいたり・・・
人が行き交う駅では、いろいろなタイプの人を観察できるから
結構好きだ。

1時間半ほど待っていると、無事に会えた。
急行のアムトラックで、帰途につく。
途中の駅で、火災があったりして1時間ほど遅れてしまい、
22時頃にNYのペンステーションへ戻る。
こんな時間に開いているところは・・・
24時間営業の韓国レストランか?
ということで、久しぶりに春にも行った江西会館(Kang Suhカンスー)へ。
f0136783_7371.jpg

ビビンバを食べた。オマケで付いてくるキムチやサラダなどがウレシイ。
更にオマケ、といって茶碗蒸しのような卵スープを出してくれた。
温かくてホッとした。

長い、充実した1日だった。
by cocowaqui | 2008-01-14 23:46 | 07~ アメリカ | Comments(0)

ワシントンD.C.へ その1:どっちにしよう?

昨日からの雨が雪に変わっていた。
5時半、タクシーでペンシルバニア駅へ向かう。
ちなみに、この駅はペンステーションPenn Stationと呼ぶのが
一般的らしい。

6時の特急のアムトラックで、ワシントンD.C.(以下、ワシントン)
へ向かう。
片道2時間50分。
フィラデルフィア、「ヘアスプレー」の舞台のボルティモア、
そして目的地ワシントンのユニオンステーションUnion Stationに到着。

初めての場所はいつ来てもドキドキする。
アメリカ合衆国の首都、ワシントン。
駅は、まるでミュージアムのような荘厳な空間。
ちょっとゾクっとした。
f0136783_4204096.jpg


f0136783_4163883.jpg

仕事の夫とその相手と3人で中央のカフェで少し暖まってから、
とりあえず時間を決めて別れる。
電話もないのに、そんな適当で大丈夫なのか?

夕方まで一人で観光をすることにしたんだけれど・・・。
実はガイドブックがない。
うちにあるはずなのに、すっかり頭から抜けていた。
とりあえず、地下鉄で地図をもらって、
スミソニアン博物館群Smithsonian Institution
http://www.si.edu/guides/japanese.htm
のあるエリア、ナショナルモール地区まで行くことにした。

これが、スミソニアン駅。
f0136783_423313.jpg

写真を撮ったときは誰もいなかった。
近未来な雰囲気を醸し出していて、闇の中に吸い込まれそうな錯覚がする。

f0136783_4324916.jpg

地上に出ると、広い敷地に出た。
これがナショナルモールNational Mall らしい。
実はここ、国立公園らしい。

f0136783_424829.jpg

左にはワシントン記念塔Washington Monument 、
f0136783_4233054.jpg

右にはアメリカ合衆国議会議事堂United States Capitol が見える。
あぁ、アメリカ合衆国にいるんだ・・・という印象。

風を遮るものが周囲に何もなく、吹きっさらしで
ものすごく寒いので、とりあえず動く。
Museumらしき建物ばかりなので、地図を探した。
・・・あった!
f0136783_4432622.jpg

真ん中辺りに建っているお城が、ビジターセンターらしい。
早速行ってみることに・・・。
なんか、ここだけ雰囲気がちょっと違う。
f0136783_4512291.jpg

中に入ると、女性警備員から荷物のチェックを受ける。
結構厳しいのね。。。

ここで無料のガイドブックと地図をもらう。
f0136783_453859.jpg

ちなみに、このスミソニアン博物館のどれもが、基本的に
無料!
世界的にも有数の博物館が全てタダで廻れるなんて、
たぶん世界でここだけじゃないかなあ。
1ヶ月滞在して、全部見てみたい!

で今回は、まずとりあえず美術館。
国宝級の日本美術が所蔵されているフーリアギャラリーか、
有名なナショナルギャラリーか。

・・・やっぱり最初は有名どころを押さえておくか。
今日は、ナショナルギャラリーにしよう♪
by cocowaqui | 2008-01-14 22:10 | 07~ アメリカ | Comments(0)