人気ブログランキング |

<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ドシャ降りのNY~こんな日もあるさ

昨日とうって変わって、朝起きると外はドシャ降りの大雨だった。
うーん、イヤな予感。そう、この予感は当たっていた。

ホテルからタクシーで、JFK空港へ。
両親を見送って、エアトレインと地下鉄を乗り継いで、
マンハッタンに戻ってくる。
意外と、乗り継ぎもよく、午後空港に行くときは、これで行くことに
した。これが、後々良くなかった。。。

ホテルをチェックアウトし、コリアタウンのあるところまで、
地下鉄で行き、韓国料理を食べることにした。
ここ数日の疲れから、胃腸が弱っているようなので、あわび粥を
頼んだ。刺激物は胃に悪いかなあと思いつつ、キムチを食べる。
久々のキムチの味は、美味しかった。
f0136783_223494.jpg

f0136783_11244937.jpg

日本食スーパーで、カリフォルニア米を2袋(約13キロ)と、その他の
日本食を買い込み、ホテルへ戻る。

雨は、まだまだやみそうにない。
ホテルのロビーで荷物を整理しようとするが、ロビーには若い人が
溢れ返っていて、場所がない。チェックインがまだできないからなのか、
床に寝ている人も居るし、まるで自分の部屋のようにくつろいでる人も
いるし、近くのデリからピザを買ってきて、食べている人も居るし、
すごいことになっていた。

荷物を整理し終わり、地下鉄を使ってJFKへ・・・。
のはずが、途中の駅で、乗り換えるはずの列車が運休のために、
急遽駅を出て、バスで空港に向かうハメになった。
大雨と大風の中、バス停で待つが、待てど暮らせどバスは来ない。
タクシーをつかまえようにも、どれも先客あり。
いつもギリギリなので、今回は時間を余裕を持って出てきたはずなのに、
これではいつもと同じか、最悪乗れない。。。

すこし諦めかけたとき、バスが止まった。違う行き先のバスだけど、
運転手に尋ねると、空港に向かうバスは、ここではなく、別のバス停らしい。
急いで向かってみると、ちょうどバスが止まっていた。
ローカル感の漂うバスの車内に、スーツケースを持っている人間は、
場違いだったけど、とりあえず空港には向かえる事になった。

1時間弱乗り、ようやく空港へ到着。予定の出発ターミナルに向かうと、
変更になったとの事。来たところを戻り、ようやく変更されたターミナルの
エアラインカウンターでチャックインしようとすると、どうやらカラカス行きは
ファイナルコールギリギリらしい。・・・うーん、どうなる?
カウンターでチェックインを一応してもらえそうなので、パスポートと
eチケットを提示すると、
「なぜここにいるの?」
「・・・案内の人からここに並ぶように言われたので」
「他にも並んでる人が居るでしょ」
・・・どうやら順番を飛ばしたことを言っているらしい。
夫は珍しく口論しそうな勢いだったので、どうなるかなあと見ていたら、
係員は渋々納得したらしい。そんなに客につっかかること?
と思っていたら、今度は
「このチケットは、キャンセルされてます。」
と言われた。・・・いったい何のこと?
キャンセルって・・・してないよ!今度は、私が叫んでしまった。
「なんで?何が起きたの?」
「知りません」
それは、こっちのセリフだっていうの。このおじさん係員のせい
じゃないかもしれないけど、どうも相性が悪そうだ。
とりあえず、チェックインをしてもらい、キャンセル待ちをすることにした。
「たぶん、大丈夫だと思いますけどね~」
という声を後ろで聞きつつ、半信半疑で搭乗口へと向かう。

ヒヤヒヤしていたが、席は空席があったらしく、3人掛けを一席空けて
取ってくれたので、結果的には良かった。
キャンセルになったのは、前日にカラカスからNYへの便を変更した際、
帰りの便を間違って消されてしまったのかもしれない、と夫は分析した。

とにもかくにも、行きといい帰りといいトラブル続きの移動だった。
f0136783_2232770.jpg

by cocowaqui | 2007-04-15 22:41 | 07~ アメリカ | Comments(0)

N.Y.♪

天気予報では、雨のはずだった。
でも、朝起きたら、きれいな青空が広がっていた。
せっかくの良いお天気なので、セントラルパークに散歩に出かけた。
f0136783_8443172.jpg

春はすぐそこ、という感じで、水仙やレンギョウ(ゴールデンベルというらしい)
が咲き誇っていた。
f0136783_2239760.jpgf0136783_22393152.jpg







空を見上げると、飛行機雲がいく筋もできていた。
f0136783_22444690.jpg

きれいだけど、明日はもしや・・・雨?

公園のベンチで、面白いなあと思ったものを見つけた。
それは、チェスのできるテーブル。
f0136783_2248425.jpg

駒だけを持ってきて、対戦するのかな?
・・・そういえば、そういう光景って、映画で見たことあるような気もする。
なんか、優雅でいいなあ。

公園には、リスがあちこちにいた。
結構人慣れしているので、良い写真が撮れた。
f0136783_8152950.jpg


チャイナタウンで飲茶を食べた後、自由の女神に会いに行くため、
バッテリー・パークにあるターミナルから、スタテン島行きのフェリーに乗った。
3年ほど前にも来たことがあるが、そのときから比べてターミナルが広く、
綺麗になっていた。
f0136783_3194348.jpg

ここから、スタテン島とマンハッタンを結ぶこの船は、約30分で
自由の女神を近くで拝めるうえに、無料!なので、本来は通勤用
だが、昼間は観光客でごった返していた。中には、旗を持った添乗員と
ツアー客までいた。

自由の女神が見える右側ばかりに客が集中するので、大丈夫かなあ
と思ったけど、すこし傾いてる程度に感じだだけだった。
外に出ると、風が強く寒い。女神の姿が近づくと、一斉にカメラを構えた。
f0136783_3232139.jpg

自由の女神を見ると、何だかニューヨークにいるなあとしみじみ感じた。
ここで、どれほどの人を見守ってきたのだろう・・・とかね。
f0136783_3233893.jpg

スタテン島には、今回は用はないのでとんぼ返り。
人の流れは、同じように船を下りてまわってからまた乗り込んでいった。
・・・あのツアーの人たちも。いったいどんなところをまわるツアー
なのか、興味がある・・・付いていきたかった。
帰りも、行きと同様女神の姿を堪能し、満足感いっぱいで船を下りた。

スタバでお茶をした後、ウォール街近くで雄牛の像を発見。
(相場を)突き上げるという意味で縁起物らしい。
みんなが写真を撮っていたので、撮ってみた。
f0136783_12344185.jpg

グランドゼロ前の広場で、サラリーマンの像を見つけた。
一瞬像と分からないぐらい、なじんでいた。
f0136783_12382517.jpg

日本ヘのお土産などを買って、一旦ホテルへ戻ることにした。
今夜のお楽しみは、ミュージカル!
作品は、へアスプレーHairspray。
ちょうど1年前にも見た作品だけど、内容・歌・演技・装置どれを
とっても良かったので、初ミュージカルの父も大丈夫かなと思って、
これにしてみた。
この7月に、来日公演があるとのこと。
日本版をつくるとしたら、俳優さんを揃えるのが難しそう。。。
内容はここでは長くなるので、書かないけれど、60年代の音楽や
ファッションが好きな人なら、たまらないだろう。
アメリカが最も輝いていた時代を描いたコメディーでありながら、
中では差別や嫉妬など苦い部分も折り混ぜられている。

今回の舞台も、圧倒される歌唱力とダンスで、大満足だった。
ちょうど、エイズキャンペーンのチャリティーも実施されていて、
終演後、俳優さんたちのサインの入ったグッズを見に行った。
初め、ポスターを買おうと思って「どれがオススメ?」と聞いたり
したけど、一枚60ドルと聞いて、うーん持って帰るまでに折れそうだし、
高いなあとやめた。
代わりに、ランチボックスを40ドルで買った。
売り子のお兄さんに、「どうもありがとう」と微笑まれて、その笑顔に
グラッときてしまった。実は彼も出演者の一人で、俳優さんだった。
今度、チェックしておこうかしらん♪
f0136783_1302442.jpg

by cocowaqui | 2007-04-14 22:13 | 07~ アメリカ | Comments(0)

NYへの長き道のり

先月末より、日本から家族が遊びに来ていたが、
いよいよ帰ることになった。
フルーツは美味しいし、ゴルフはできるしで、
意外とベネズエラが気に入ったらしい。
一応、無事に帰ってもらいたいので、NYまで
観光がてら送って行くことにした。
何だかトラブル続きで、長い長い道のりだった。

まず、カラカス→マイアミ→NYの飛行機が、
朝の5時から欠航になっていた。
とりあえず、預入れの荷物を持って、マイケティア空港へ。
その後の便は、みるみるうちに埋まっていくので、NYへは
今日中には行けないかな~と思っていたら、
夕方の便で、カラカス→プエルトリコのサンファン→NYがとれた。
NYに着くのは、夜の11時をまわりそうだけど、
とりあえず取れてホッとした。

一度ホテルに戻り、仮眠をとって、午後再び空港へ。
チェックインカウンターのところで並んでいると、父が呼び出された。
どうやら荷物に異常の反応があるらしい。
嫌な予感がした。私も、以前同じように呼び出されて、
滑走路横の荷物移動車のあるところで、銃を持ったいかつい軍人を
前に、荷物を見せたことがある。
おそらく、ひっかかる原因の品は、コーヒーとチョコレート。
ベネズエラのお土産は、正直これしかないんじゃないと思う
2つだけど、お隣は麻薬の生産国で名高いコロンビア。
きっと、それと関係があるんじゃないのかなあ。。。
はたして、父も私のときと全く同様のケースで、調べられて
搭乗時刻ぎりぎりに解放された。
ベネズエラから国外に出るときは、次から必ずこの2つは
手荷物のほうに入れようと、心に誓った。
f0136783_20585018.jpg

何はともあれ、サンファンへ飛行機は飛んだ。そして着いた。
ここで、またトラブルは起きた。
当初、マイアミからアメリカに入国する予定だったが、
サンファンで入国審査を受けられるようになったのは、
不幸中の幸いだと思った。
なぜなら、マイアミは中南米の玄関口ともいえる場所で、
人が多いこととチェックする入国書類が多いことで、入国審査で
待たされる時間といったら尋常ではない。
1時間ぐらいは当たり前で、ひどいときには2、3時間待たされる
こともあるぐらいだ。
だから、すいているサンファンで楽々通って、後はゆっくりと
NYへの飛行機の乗り継ぎを待とう♪と思っていたら、
入国審査で母が別室送りとなった。
ガラス張りの「別室」には、ワケありのような人たちが並んでいる
中で、ぽつんと異色の母と付き添う夫が並んでいた。

・・・下のターンテーブルで父と待つこと、約1時間半。
ようやく、解放された2人がやってきた。どうやら、何事もなく
終わったらしいが、何だか様子が妙だ。
聞くと、コンピュータで保管されている指紋が、うまく出て
こなかったらしい。
更に、「これはあなたの夫ですか?」と見せられた顔写真が、
全く見たことのない白人の男性だったらしい。
これには思わず、何が起きたのか分からず、「いいえ、違います」
と答えたようだが、もしそうですって言ったらどうなったのかなあ・・・?
アメリカのコンピューターも、誤作動を起こすことあるのねえ・・・って、
あるってかなりまずいことなんじゃないの??

乗り継ぎの飛行機にも間に合い、NY行きの飛行機の搭乗口
付近に行くと、可愛いビーグルが手綱をつけて待っていた。
・・・??麻薬捜査犬? それとも植物検疫犬?? 
まさかペットじゃないよね。。。

搭乗が始まると、なんとその犬も一緒に飛行機に乗り込んできた。
え?!ペットなの!! まっさかぁ!
その少し前に、下のターンテーブル横の検疫所でボックスに
入って物哀しげに鳴いて、ご主人を待っているレトリバーをみた
ばっかりだったから、てっきりペット類はそうされるものだと
思っていたけど、このビーグルちゃんは特別らしい。
しかも、「○○さま」(名前は忘れた、タータンだかパラソルだか
4文字だった、仮にパラソルちゃんにしておこう)と呼ばれ、
ちゃんと搭乗券まで持っていて、席もちゃんとあるようだ。
うーん、犬もマイレージカード持てるのか??
この飛行機は、オーバーブッキングのお客さんもいたので、
乗務員席に席を待っている人も座っている中で、パラソルちゃんが
座っているのは、異様な感じだった。
結局、その席は他の方が座ることになり、パラソルちゃんと
その飼い主は、ビジネスクラスへと移っていった。
・・・いったい何者だったんだ??
でも、NYまでの3時間半ちょっと、気流の乱れもあって
結構揺れたのだけど、ただの一度も鳴かなかったパラソルちゃんは、
やはりタダものではなかったのかもしれない。

NYについたのは、もう夜も11時近かった。
あのパラソルちゃんはといえば、飼い主のご主人らしきパパさんと
再会して、とても喜んでいた。
・・・なんだかんだいっても、とても可愛いかった♪
タクシーでマンハッタンのホテルに着いたのは、もう12時を
まわっていた。にもかかわらず、ロビーには人があふれていた。
学生ばかりの感じだ、修学旅行??

あまり、お腹の足しになるようなものは機内では出なかったので、
街へ出て、レストランを探すが、さすがにどこも閉まっていた。
ようやく開いていたデリで、思い思いのものを取って、
重さを量ってお会計。味はあまり期待していなかったが、
結構美味しかった。この時点で、翌日の1時をまわっていた。
f0136783_3285672.jpg

なんだかとても長い一日が、ようやく終わった。
by cocowaqui | 2007-04-13 22:11 | 07~ アメリカ | Comments(0)

いよいよベネズエラ人?!

ここ数日は、真昼間からゴルフに行く。
おかげで、肌はいよいよ浅黒くなり、「チノ、チノ」(*東洋人、
に中国人に対しての蔑称らしい。来た頃は、子供によく言われた)
と呼ばれることも、なくなってきた。
と思っていたら、ショッピングモールを歩いていたら、「チニータ」と言われた。
「エビータ」が”小さなエバ”を意味するとすれば、さしずめ(悪意があれば)
”東洋のチビ”といったところか。
ふふ~ん、チビで結構よ、ここだって小柄の人は多いもん。負けないぞ~!

ペルー人のゴルフ友達の車が、修理に出しているので、
家まで迎えに行った。
ゴルフを終えて、ちょっとお茶をした頃には、辺りは真っ暗になっていた。
あまり暗い時間帯は運転したことがなかったけど、よし!チャレンジだぁ!
街の中心の彼女の自宅まで送る途中、帰宅時間帯ということもあって、
道は車線も順番も無法状態の超渋滞だった。
ぶつけられたくはないけど、早く帰らなくちゃいけないし、
えぇい来るなら来い!
と思って、がんがん突っ切っていくと、ペルー人の彼女に、
「(その運転は)あなたはベネズエラ人でしょ、日本人じゃないよ~!
ハッハハハ」
と笑われた。おいおい、暗くなると危ないから、急いでいるんだって!
あなただって、家の前で強盗に背中を刺されて、病院に行ったって、今話してたでしょ~に。
うーん、運転が下手といわれているベネズエラ人にだんだん
近づいてきているのは、なんだかカナシイ。。。
by cocowaqui | 2007-04-10 22:07 | 日常生活(ベネズエラ編) | Comments(2)

チリ最大の港町、バルバライソ

地下鉄で、ロス・エロエス(Los Heroes)という大きなバスターミナルに
直結している駅まで、行く。ここから、世界遺産にも指定されている、
港町バルバライソ(Valparaíso)に向かった。
f0136783_925137.jpg
大きなバスターミナルで、中はお店が結構あったり、
植物が置かれていたりして、綺麗だった。
ちなみに、トイレにはチップ(というより利用料、日本円で50円程度)が必要で、入り口にカウンターがあり、
お金を払って駅の改札にあるようなバーを押して、
中に入る。
お金を払わせる割には、あまり綺麗じゃなかった。
この利用料が、清掃員のお給料の一部になるのか?!

とはいえ、バスの車内はきれいだし、予定時刻きっかりに出発。
予定時刻きっかり、というのは、日本では当たり前に感じてしまうこと
だけど、実はヨーロッパや南米などでは、意外と当たり前のことではない。
まあ、逆にそれで乗れないものも乗れて、助かるということもあるので、
否定はしないけどね。。。
f0136783_252028.jpg

バルバライソへの道は、小高い山々の間の盆地を抜けていった。
途中、ワインのぶどう畑や馬がのんびり放牧されているのが見えて、
とても牧歌的な風景。チリに訪れるのは、これが3度目だけど、どことなく
日本に似ている感じがして、私の中では南米で一番好きな国だ。

バスに乗って約2時間。バルバライソのバス・ターミナルに着いた。
街に出ると、土曜日だからか、フリーマーケットが開催されて、
賑わっていた。
f0136783_2525470.jpg

そして、活気に溢れた野菜や果物の市場もすぐ近くに並んでいた。

バスターミナルのあるこの辺りから、街中までは少し離れているので、
海の近くの通りから、少し歩いた。

空気が乾いているせいか、ちょっとホコリっぽい。季節はもう秋に
入っているというのに、日差しが強く、真夏のような暑さを感じた。
街路横の公園のベンチに、チョウのモザイクを見つけた。
f0136783_311198.jpg

・・・こんなところまでアートだ。

疲れてきたので、ベジャビスタ駅からプエルト駅まで、一駅ながら
目的地まで列車で向かうことにした。
切符を購入しようとしたら、スイカのようなプラスチックカードを
買わされた。
スイカ同様、お金をチャージして、ピタっと触って、改札を入る。
のどかな地方都市に見えて、この最新式は何?っとちょっと面食らった。
駅も、近未来的なモダンな感じで、都会だから最新、郊外だから旧式、
という図式が成り立たない感じが、興味深い。
f0136783_4123513.jpg
プエルト駅に着くと、すぐ前がソトマヨール広場で、ここが中心らしい。
f0136783_32503.jpg

海はすぐそこで、正面には、海軍総司令部の立派な建物があり、
観光客が大勢いた。
アジア人らしき姿は見あたらない。

まずは、港から、ポンポン船と呼ばれる2,30人乗りの遊覧船に乗って、
港の中を1周した。
f0136783_621637.jpg

約15分と聞いていたので、どんなものかなあと思っていたら、
海側から見る街の風景は、想像していたよりずっと素晴らしかった。
港周辺だけが平地で、あとは急な丘でそれに沿って、建物が建って
いるので、家々が重なり合って、さまざまな色が並ぶ、まるで絵の
ような景色だった。
f0136783_4293239.jpgf0136783_4364011.jpg








このバルバライソ港は、開港470年にも及ぶチリで由緒ある港らしい。
港内には数隻の軍艦が碇泊していることから軍港であることがわかる。
あまりなじみがないものなので、じっくり見たかったが、
不審者に思われても面倒なのでさらっと眺めるだけにした。
ちなみに、軍艦の写真は、撮ることは禁止されている。
プラット埠頭には山積みされたコンテナがあり、その中には日本の
会社のものもあった。
ふと、船の先端を見ると、アザラシ?がうつ伏せになっていた。
f0136783_2562025.jpg

・・・どこから来たんだろう?

15分ほどかと思っていたら、30分ちょっとの遊覧で、満喫した。
港から、アセンソール(ascensor*箱型のエレベーターのようなもので、
傾斜を上り下りする)で、丘の上の方へ行ってみた。
f0136783_735333.jpg

2分ほどで、上に到着。
f0136783_751748.jpg

ここから見る景色は、下から見た一丸としてまとまった景色とは
また違って、新しいもの古いもの、瀟洒なもの貧相なものなど
さまざまなものが混在しあうどこかとても懐かしい感じがした。
f0136783_331546.jpg


少し歩くと、パブリッツァ宮殿(Palacio Baburizza)
というイタリア建築の宮殿が見えた。
f0136783_333461.jpg

宮殿というわりには、こじんまりしている印象を受けたが、何層にも
重なる特徴的な外観は、ここの地域の造りと似ていると思った。

昼食をとろうと思っていたお目当てのレストランは、満席だった。
しかたがないので、そぞろ歩き。ここは、どこをとっても絵になる
風景だった。
f0136783_7302742.jpgf0136783_7312789.jpg







この市内で最も古いアセンソールで、下に降りた。どれも約一世紀前
からの年代もののようだから、130年ぐらい経っているのかもしれない。
登りのが着くと、ごとごと揺れるのでちょっと恐かったが。。。
先ほど乗った列車で、ビーニャ・デル・マル(Viña del Mar)へと向かう。
f0136783_7515122.jpg

前に座った親子が、日本人と知り合いなのか、「こんにちは」と
話しかけてきた。
ほんの挨拶程度の言葉の交し合いだったが、なんかあったかい
気持ちになった。
別れる時には、「さようなら」と言って別れた。・・・良い家族だったな。
としみじみ。
ビーニャ・デル・マルでは、セルフサービスの食堂のようなところで
簡単に食事をし、帰りのバスの時間もあるので、早々引き上げた。
また、来る機会があったら、ゆっくりと来てみたい。
帰りのバスは、行きよりも早く1時間強でサンティアゴまで着いた。
夜は、昨日行ったレストラン近くの、シーフードレストランで夕食を取った。
レストランも街も、休暇期間中で人がほとんど見当たらず、
大都市のはずなのに、何か物寂しかった。

翌日、ペルーのリマ経由でベネズエラへの帰路についた。
南米大陸は広いなあ~、でもどこかアジアと雰囲気や人が
近いなあと感じた旅だった。
by cocowaqui | 2007-04-07 22:50 | 07春 南米旅行 | Comments(0)

アンデス山脈を越えて・・・チリへ

f0136783_145251.jpg

お昼前の便で、アルゼンチンに別れを告げ、チリ・サンティアゴ
(Santiago de Chile)へ。
ブエノスアイレスの国際線空港は、とても明るく、綺麗だ。
搭乗ゲート近くの待合所で、面白いものを見つけた。f0136783_12163781.jpg
南米の人にとっては、当たり前の地図
かもしれないけど、日本人にとってはある意味衝撃的だ。
・・・やはり、日本は極東なのだということを思い知らされた。

ブエノスアイレスからサンティアゴまでは、
約2時間15分。時差は、1時間ある。f0136783_12141856.jpg
(*日本とブエノスアイレスは、12時間の時差。日本とサンティアゴはベネズエラと同じ13時間の時差がある)
アルゼンチンとチリの国境辺りに差し掛かると、アンデス山脈が真下に見えてきた。
この辺りに、南・北アメリカ大陸で最高峰のアコンカグア(標高6960m)が、
そびえ立っているらしいが、どの山だか分からない。

あれかなあ・・・。
f0136783_14332994.jpg
サンティアゴに着くと、市内までミニバスで向かう。
新市街のホテルまでは、30キロほど、30分弱の道のりだ。空港を出ると、左右に緑が広がる。

ベネズエラから初めて訪れた別の南米の地域が、
このチリのサンティアゴだった。
常夏でいつも陽炎が立ち上っている、外を自由に歩くこともままならない
危険極まりない地域と、日本の原風景を思わせるような山々と畑と緑、
穏やかな景色と気候、そして夜の女性の一人歩きができるぐらいの
治安が良い地域、同じ大陸でもこれほどまでに違うものなのかと、
日本以外の国に住んだことのなかった私は、何だか強いショックを受けた。
・・・これが約半年前に感じたこと。今では、ベネズエラにも少しずつ
愛着がわいてきたし、そこまで卑下することもないなあと、思えるように
なってきた。

・・・それはさておき、
ホテルに着いてからは、しばしの休息。動き出したのは、夕方になってからだった。
地下鉄で、旧市街周辺を散策。
f0136783_15124588.jpg

この日は、中南米全体が休日の聖金曜日(Viernes Santo)
(*ベネズエラでは聖週間Semana Santaといって、連休となる)
だったので、お店はどこも閉まっていた。
しかたがないので、アルマス広場から中央市場へそぞろ歩き。
ここでは、はじめて来た時にかなり痛い思い出があるのだけど、
それはまた別のところで。。。
f0136783_151321.jpg

この中央市場周辺は、夕方になるとちょっとイヤ~な、危険な雰囲気が
漂っていた。
南米では1、2を争うほどの治安の良い国で、トラブルに遭いたくない
ので、早々に地下鉄でホテル近くのラス・コンデス地区まで戻り、
イタリアンレストランで夕食。値段が手頃でいながら、ピザがとても
美味しく、店員さんも愛想の良いお店だった。

チリの地下鉄の駅は、とても綺麗な上に、アートに囲まれている。
このチリという国、現代アートのメッカなのか、はたまた国を挙げて芸術
への造詣が深いのか、街や駅のホームなど至る所に、彫刻や絵画作品が置かれている。
それがうるさくなくて、周囲との調和がとれている上に、結構品が良い。
このセンス、学びたいところだなあ。
芸術を志す者には、チリは天国のようなところかも。。。
f0136783_1527082.jpg

by cocowaqui | 2007-04-06 23:01 | 07春 南米旅行 | Comments(0)

コロニア in ウルグアイ

今朝は、朝食の前に昨日の夕方閉まっていて入れなかった
レコレータ墓地まで散歩がてら行く。朝からお墓参りって、
普通に考えると、なんだかヘンだなあ。
f0136783_921893.jpg

中に入ってみると、そこに建っているのはお墓というよりも、
小さな教会群のようだった。
f0136783_9222216.jpg

猫たちに導かれて、エビータのお墓へ。まるで家や教会のような
大きさをしたお墓を想像していたら、拍子抜けするくらいの意外と
普通の大きさのお墓だった。
f0136783_13391114.jpg

正面には誰かが供えた御花があり、左右にはエビータにまつわる
プレートが貼られていた。確か、死後その遺体は国外に送られ、
イタリアやスペインを転々とし、30年近くも彷徨い続けるという、
亡くなった後まで数奇で翻弄された運命をたどっていた。
やっとブエノスアイレスに戻ってこられたので、エビータさんはさぞかし、
草葉の陰でホッとしている事だろうなあと、思いつつ拝んで墓地を
後にした。
f0136783_13393799.jpg


朝食後、タクシーで数日前に、チケットを引き取りに行った港へ。
ここからフェリーで3時間のところにある、ウルグアイのコロニア
(Colonia del Sacramento)へ向かう。
港では、空港同様手荷物検査のほかに、一応国境を越えるので
出入国管理がある。順番が来て、空いているところに並ぶと、左側に
行ってください、と言われた。何でかなあと思ったら、向かって左側が
アルゼンチンの管理官、右側がウルグアイの管理官が座っていて、
まずアルゼンチンからの出国スタンプを押してから、隣に手渡して、
ウルグアイの入国スタンプを押してくれるのだ。・・・なんか面白かった。
ともあれ、チケットを切ってもらって、フェリーへ。
f0136783_7523040.jpg

中は広くて、数軒の売店はもちろん、ゲームコーナーやら、
結構な大きさの免税店もあった。
f0136783_7545781.jpg

いよいよ出港。
f0136783_12342023.jpg

アルゼンチンとウルグアイの間に横たわるラ・プラタ川の河口は、
一番広いところでなんと230キロほどの幅となる。今日行くコロニア
までは、フェリーで3時間かけて約40キロの幅のところを結んでいる。
f0136783_12262040.jpg

40キロの幅がどのくらいかというと、水平線の彼方まで何もない感じ。
まさに海。
ただ、潮の匂いがしないし、べたつかない、というところが
海じゃないんだなと感じる。

コロニアに着くと、そこはブエノスアイレスの喧騒とはかけ離れ、
時間の流れがゆったりとしているまるで別天地のようなところだと感じた。
f0136783_12465858.jpg

・・・ベネズエラだって、一年中暑いんだから、
こんなのんびりとした雰囲気があれば、いくらだって観光客は来るのよ~と思う。

ここ、コロニア・サクラメントは1777年にスペインの植民地支配下になる前は、
ポルトガルの貿易港として発展した町で、
今回散策した地域にはその頃からのものと思われる石畳の道や、
植民地時代の街並みが今も残っていた。
f0136783_12414182.jpg

f0136783_12422963.jpg

岬の近くに、灯台があって登ってみた。
中は螺旋階段になっていて、人一人通るのがやっとだ。
f0136783_1251084.jpg

上に着くと、旧市街とラプラタ川が一望できた。少し風が強いものの、
とても心地よい。
f0136783_12514497.jpg
f0136783_12525721.jpg

下を見ると、観光客を乗せた馬車が石畳の道をゆったりと走っていた。
なんとも、優雅な感じだ。
f0136783_1138285.jpg

灯台を降りて、近くのカフェレストンランでサンドイッチを食べていると、
民族衣装を着て、打楽器を演奏する集団がやってきた。
f0136783_11365612.jpg

観光客を相手にチップを取っていたわりには、たいして上手く思えなかったので、
見てるだけだった。

f0136783_11464495.jpg

ここでは、観光というよりも、まったりと過ごした。
流れている時間がゆっくりで、空や河がきれいで、花が咲き乱れていて、
身の危険を感じることなく(これが一番大事!)、
のんびりしている雰囲気と、コロニアル調の建物から
流れてくるラテン音楽の調べが、まさに楽園を彷彿とさせた。
f0136783_1146193.jpg

さすがに夕方くらいになると、石畳の道を歩き疲れて、ぐったり。
ごつごつした石畳の道は、ずーっと足裏マッサージを受けてるみたいで、
舗装路を歩くよりも、数倍疲れる。
ブエノスアイレスへは、フェリーではなく、1時間で帰れる高速船で
帰ることにした。
乗り場を間違えるハプニングもあったが、一応夜8時の船に乗れた。
そして、無事到着。
ブエノスアイレスの港の夜景は、とても幻想的で美しい。。。
f0136783_124429.jpg


港の近くのイタリアンレストランで、夕食をとったが、
お店のウェイターの人たちは、サッカーのテレビ中継に釘付けだった。
あとでわかったことだが、この試合、アルゼンチンの強豪チームが
ベネズエラのチームに4-1で負けるという大波乱のゲームだったようだ。
ブエノスアイレスの人たちにとっては、とても驚きと悲しみのニュースだったようで、
ホテルに戻ると、テレビのニュースはその話で持ちきりだった。

ベネズエラは6月のコパ・アメリカの開催国だからね・・・本気を出せば
案外強い??

*コロニア(・デル・サクラメント)の歴史的町並みは、1995年に
 世界遺産に登録されている。
by cocowaqui | 2007-04-05 23:12 | 07春 南米旅行 | Comments(0)

悪魔の喉笛~三カ国が見える場所~再びブエノスアイレス

昨日は、イグアス国立公園を発った途端から、アルゼンチンから
ブラジルの国境を越えてホテルに着くまでの間、再び大雨。
・・・運が良かった。
f0136783_20443315.jpg

ホテルはコロニアル調の、どこか懐かしさが漂う雰囲気。
日本からの団体客もいて、久しぶりに日本人を見た気がした。

昨夜の天気予報では、今日は雨だったけれど、朝起きて外を見ると青空が見える。
一応「晴れ女」を自認している自分としては、イグアスを発つまでは、
絶対に晴れていると信じたい。
f0136783_20453429.jpg


ホテルから続く遊歩道は、まさにイグアスの滝を堪能できる。
いろいろな形、大きさの滝を眺めながら20分ぐらい降りていくと、
イグアスの滝の中でもハイライトともいうべき、「悪魔の喉笛」が見えてきた。
f0136783_347891.jpg


アルゼンチン側からだと、川から滝として落下する様子が目の前で見える
らしいけれど、今回はブラジル側から、滝の横側と上から落ちてくる様子を見た。
遊歩道から、川の上からさらに滝の前まで張り出している展望橋に差し掛かる
頃には、滝のしぶきが強い霧のように身体にかかってきた。
f0136783_7182888.jpg

うなるような音と襲いかかるように落ちる量といったら、言葉にできないほどだった。
展望橋の先端から、水しぶきでそのさらに奥まで続く滝壺の様子は見えなかった。
f0136783_719647.jpg

上のイグアス川からこの滝は、地形が形成されてから(*一億2千年前には既に
存在していたらしい!)今まで1年中朝晩絶え間なく落ち続けているんだなと思うと、
何とも言えない荘厳な気持ちになった。
f0136783_7194244.jpg

もっと眺めていたいという未練と余韻を残しつつ、飛行機の時間が迫っていたので、
ホテルへ戻り、チェックアウト。
昨日のアルゼンチンの領事館から乗せてもらっているタクシーの運転手さんが、
空港まで送ってくれる。少し時間があるからと、ブラジルの国境を出る前に、
途中の大きな土産品屋に寄った。中に入ってみると、かなり広くて綺麗で、
観光客がみんな寄るところらしかった。
民芸品などいろいろあったけど、色石が多かった。
特に、アメジストの原石は大きくて欲しくなった。・・・持って帰れないけど。

ブラジルの国境を抜けて、そのまま昨日着いたアルゼンチンの空港に向かうと
思っていたら、運転手さんがまだ少し時間があるからと、プエルト・イグアスの
町を抜けて、外れに連れて行ってくれた。
そこは、パラナ川(Rio Parana)とイグアス川の合流地点。
ここの対岸は、左側がパラグアイ、右側はブラジルで、3カ国が向かい合ってる地域だ。
左奥には、パラグアイの町シウダー・デル・エステ(Ciudad del Este)が見える。
f0136783_9114149.jpg

日本に住んでいると国境という概念に実感が持てないけど、南米に来るとそれが
身をもって実感できる。国境を越えると、人も通貨も言葉も違う別の世界。
世界って、国って、人って何だろうと思う。
f0136783_912293.jpg

空港には、結構ぎりぎりで到着。運転手は、なかなかの商売上手で、
サービスしたでしょ、チップはずんでよ、といってきた。
まあ、悪い人ではなかったから、少しはずんであげた。
ブエノスアイレスには、夕方前に到着。一昨日の宿とは別の地域に宿泊。
ホテルに着いてから、散歩がてら例のエビータのお墓のあるレコレータ墓地
に行ってみるが、17:45で閉まっていた。明日の朝また来ることにして、
隣の聖母ピラール聖堂からアルベアール広場周辺を散策。
f0136783_9282547.jpg

まるでヨーロッパのどこかにいるような大都会なのに、
そこかしこに公園があったり、大きな樹があったりして、癒される。
f0136783_9291037.jpg

ブエノスアイレスは、素敵な街だなあ・・・。
by cocowaqui | 2007-04-04 23:26 | 07春 南米旅行 | Comments(2)

大雨か?! inイグアスの滝

街に近い国内線の空港から早朝の飛行機で、ブエノスアイレスから
アルゼンチン側のイグアスの滝の玄関口、プエルト・イグアスへ飛ぶ。
ブエノスアイレスの空は快晴。
f0136783_8533598.jpg

・・・イグアスの空は大雨。。。
大雨の中、これからの行く先の不安がよぎる。
雨の中の大滝というシチュエーションもいやだけど、
実は、宿泊予定のブラジル側のホテルに行くために
必要なブラジルのビザを、まだ取っていない。
順調にいけば数時間で取れる予定だけれど、
街の領事館は、13時で閉まる。
必要書類で使う写真、私は・・・持っていたっけ?
なんとかなるさぁ、とりあえず領事館へGO!
f0136783_4332848.jpg

領事館に着くと、日本人らしき人が数人待っていた。
外国で日本人同士が会うと、顔を合わせない人が多い。
他の外国人との行動とは全く違う。面白いものね。
領事館といっても、待合室は一坪ほどのイスが3つほどある屋外で、
雨がやまないかな~と空を見ながらいたら、2時間ほどで、
無事に発給された。
ちなみに、費用は一人180アルゼンチンペソ(約7000円)。
これを日本のブラジル領事館でとると、1週間ほどかかるものの
半額の3500円で取ることができる。時間があればそちらの方が、
断然オススメ!

タクシーでアルゼンチン側のイグアス国立公園入り口付近まで
行く頃には、雨もやみかけていた。
f0136783_8553554.jpg

合羽(*カッパはポルトガル語でもcapa。南蛮文化の頃に入ってきたらしい)
を買ってジャングルツアーとイグアスの滝へのボートツアーへ。
f0136783_856690.jpg

スペイン語と英語のガイドで、よく分からなかったけど、
植物に植物が寄生するようにして育っていく「着生植物」について
説明していたらしい。
こうして見ると、絡み合いすぎて自分の居場所がわからなくなっているみたい。
f0136783_4345882.jpg

でも、全く異なる種類の植物が重なり合う姿は、自然の生態系の神秘を
垣間見た気がした。

車を降りて、ボート乗り場へ行く途中、蝶がたくさん舞っていた。
この辺りは蝶の宝庫らしく、たくさんの種類がいるらしい。
その色鮮やかさと模様の美しさに思わず見入ってしまう。
f0136783_8571251.jpg

ボートに乗ると、ライフジャケットと分厚いビニール布の袋を渡された。
滝に行くと必ず濡れるから、カメラやバッグなどを入れるためだ。
・・・そんなにすごいの??!
f0136783_911396.jpg

最初はふんふん、いい眺めだねぇ~と余裕だったが、滝に近づくにつれて、
落ちてくる滝の水圧で揺れる、濡れる。
メインの「悪魔の喉笛」は水の勢いに押されて近づくことができないぐらい。
滝のカーテンのようなところに着くと、先をゆくボートが、滝の中に入っていった。
f0136783_9301514.jpg

えっ?!しぶきで何も見えないじゃん、あそこに行くの??
いやいや、じらすんです。まず手始めは、水量が少なめのところ滝の下まで、
こんな感じよ~と入り(それでも目が開けられないぐらいずぶ濡れになる)、
f0136783_9351288.jpg

さっきボートが消えていった滝の中へいざ!
上から下から横から斜めから、全ての方角から水の槍が突き刺さる感じ。
すごかった・・・合羽なんて何の意味もなかった。
f0136783_4365472.jpg

・・・もうしばらく水はいい。。。

アルゼンチン側の滝の上を散策できたけど、
今回は時間があまりないので、残念ながらパス。
この辺りに生息するアナグマが、人のいる売店の近くに出没しては、
エサをもらっていたり、ゴミ箱を荒らしていたり・・・。
勝手なものだけど、1匹2匹ならかわいいけど、20匹近くもいると、
正直怖いし、気持ち悪い。
f0136783_4381588.jpg

自然が素晴らしいところを観光地化すると、どうしても生態系が乱れてくる。
人にとって少しでも良い環境に整えると、動植物に影響が出てくるのは
・・・ジレンマだなあ。

*イグアスの滝(Cataratas Iguazu)とその周辺は、イグアス国立公園に指定され、
世界遺産(アルゼンチン側:1984年、ブラジル側:1986年)に登録されている。
by cocowaqui | 2007-04-03 22:14 | 07春 南米旅行 | Comments(3)

南米のパリ・ブエノスアイレス

ブエノスアイレス2日目。
朝食後、一人でちょっと散歩へ出てみる。
メインストリートの7月9日通りを渡って、銅像のある公園へ。
f0136783_22255147.jpg

犬と散歩したり、本を読んでいたり、思い思いのゆったりとした休日。
大都会なのに、大きな木が多いから、とても落ち着いた街に感じる。
f0136783_22262749.jpg

うーん、さすが「南米のパリ」と呼ばれるだけの街、ヨーロッパの雰囲気だ。
・・・でも自分たちはヨーロッパ人だっていうのが鼻につくって、
他の南米の人たちからは意外と嫌われているんだよね~。
f0136783_2227034.jpg

ホテルに戻り、3日後にラ・プラタ川対岸のウルグアイへ渡るための
チケットを受け取るため、歩いて港のフェリー乗り場へと向かう。
f0136783_356106.jpg

港の周辺は、プエルト・マデーロ地区(Barrio Puerto Madero)
という、ドッグに面した保全倉庫街を再開発した地区で、
赤レンガの保全倉庫が、横浜の赤レンガ倉庫を彷彿とさせた。
レストランがずっと並ぶおしゃれなエリアで、散歩をしても心地よかった。
f0136783_22282978.jpg

「ローマまで○○マイル」「ロサンゼルスまで○○マイル」
という標識がある中で、「東京」を指すのがなかったので、
「東京は真下の方だね」と話していたら、
おそらくヨーロッパからの旅行者の男性が、「どこのこと?」と聞いてきた。
「日本のことですよ」と答えたら、「あー、なるほどね」と納得したように肯いて、
傍らの男の子に説明していたのが、なんだか微笑ましかった。
日本ってどこ?っていう会話から始まるんだろうなあと思って。。。
f0136783_3573627.jpg

歩き疲れて、昼食は赤レンガ倉庫内のイタリアンのレストランに入った。
美味しかったけど、デザートの大きさに圧倒された。
f0136783_22291775.jpg

コロン公園というところを通って、大統領府
(La Casa de Gobierno)へ。
f0136783_22333129.jpg


そして、ブエノスアイレスで一番来てみたかった大統領府。
f0136783_412376.jpg

ピンク色の外観からカサ・ロサーダ(Casa Rosada :ピンクの家)
とも呼ばれている。
スペインのロココ調の建物で、19世紀後半に建設されたものだけど、
何よりここに来たかった一番の理由は、「エビータ」が演説をしたバルコニーを
見てみたかったということ。

ミュージカルやマドンナ主演の映画にもなった、エビータEVITAこと
マリア・エバ・ドォアルテ・デ・ペロン(Maria Eva Duarte de Peron 1919-1952)
は、ペロン大統領の夫人。
今でもアルゼンチンでその人気は高いという彼女の魅力は、
貧しい私生児として生まれ、15歳でブエノスアイレスに出てきて
自らの美貌を武器にさまざまな職業遍歴からラジオ女優、
ついにはファーストレディーへと登り詰めたがその矢先、33歳で病に倒れてしまう
という、そのドラマティックな人生にある。
政治的にも口を出したことで、賛否両論あるようだけど、
その行動力は同じ女性としてただ凄い!と思う。
・・・真似はできないけど。
日本では劇団四季がミュージカルで公演をしていて、過去に何度も見たので、
実物のカサ・ロサーダの前に立てたのは、
ミーハーだけどとても感慨深いものがあった。
正直、ここに来られたらもうブエノスアイレスはいいや、と思ったくらい。

今日4/2は、「退役軍人の日およびマルビナス戦争戦没者追悼の日」という
長い名前の祝日で、カサ・ロサーダの近くでデモ演説をしていたり、
警察官がたくさん警備をしたりと、なんだか重々しい雰囲気だった。
f0136783_463847.jpg

変なことに巻き込まれない前に、早々退散。

その後、サン・マルティン広場を散歩し、フロリダ通りをそぞろ歩き。
f0136783_223450100.jpg

街角で、タンゴを見て、Galerias Pacificoというショッピングモールへ。
f0136783_22342664.jpg

まるでヨーロッパのモール内にいる錯覚を起こすような風格
のある高級感がいっぱい。
店内散歩で終わる。
f0136783_22351722.jpg


疲れてきたので、ホテルに戻ろうと
ブエノスアイレスの地下鉄(スブテ Subte)に乗った。
ここで、思いがけず懐かしい「日本」と出逢う。
ブエノスアイレスの地下鉄の誕生は、1913年。
日本で初めて開通した地下鉄、浅草―上野間(のちの銀座線)開設のため、
日本から大正年期に視察に訪れたこともあるらしい。
その縁か、構造の類似かわからないけれど、日本で使われていた車両が再利用して、
未だに乗り継がれていた。
名古屋市営地下鉄東山線250系(地下鉄D線)と、
f0136783_2241084.jpg

丸の内線500系(地下鉄B線)の車両だ。
f0136783_4162183.jpg

今回は、B線に乗った。
車内には、営団地下鉄のロゴマークや、、「非常口」等の日本語が
そのまま残されて使われていた。
f0136783_422080.jpg

すごく懐かしい、不思議な感覚だ。
f0136783_4224475.jpg


特に、丸ノ内線はこの間帰国したときに見た映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の中で、
登場したレトロな雰囲気の漂う旧丸の内線の車両だったので、感動した。
f0136783_4244378.jpg

丸の内線に乗って、トンネルを抜けると、いつの間にか時空を超えて、裏側の国の
同じ大都市の地下鉄の車内だったって、何かまるで映画のようだなあ、
なんて考えて一人で感動しきりだった。
役目を終えた車両が、他のところで使われるということを聞いたことがあったけど、
まさか地球の裏側で出逢えるとは思わなかった。

ブエノスアイレスはヨーロッパから日本まで、世界中の雰囲気を感じられる
不思議な空間の街だ、と思う。
by cocowaqui | 2007-04-02 23:09 | 07春 南米旅行 | Comments(0)