人気ブログランキング |

3日目その3:チチカカ湖クルーズ~太陽の島(後)

最初の船着き場で船から降りると、正面の長い階段を上った。
f0136783_7471126.jpg

空気が薄いので、息が切れる。
いつもなら、なんでもない長さだけど、休み休み上らないと、
きつくて上がれない。
空気が薄いってこういう感じなんだ、と身を持って体験。
f0136783_748370.jpg

階段の途中で、リャマの子が顔をのぞかせる。
「大丈夫?もう少しだよ」
「うん、頑張る」
そんな思いが交錯したような気がして、もう少し頑張って登る。

階段を上りきると、若返りの水というのが流れていた。
若返れるの?
今のゼイゼイ言ってる自分が、いちばん欲しているものかも。
f0136783_7483881.jpg

すぐ横には、風呂敷を広げて、自分が作ってきた織物や
アクセサリーを売る人たち。
小さい子どもたちも中にいる。
そんな子たちにカメラを向けたとたん、
手のひらを差し出して一言。

「Pagame!(私に)お金払って!」

・・・今なんていった?
カネ払えって?
びっくりというより戸惑う。

世界的な観光地だけど、湖の中の島。
島での収入はあまり多くないかも・・・
だとしても、こんなに小さい子がお金払ってちょうだい!って・・・。
何だか悲しい。悲しいけど何もできない。
うーん、もどかしい。

気を取り直して、ガイドさんについて
島の右側に歩いていくと、一枚の扉があった。
その向こうは、このツアー会社専用の敷地で、
インティ・ワタ文化総合施設という観光村になっているらしい。
すごいな、このツアー会社・・・。
f0136783_7514885.jpg

入ると、テラス(段々畑)が目の前に現れた。
インカ時代の段々畑に、薬草や野菜、花木などの植物を栽培しているとのこと。
その美しさに、思わず息をのんだ。
チチカカ湖と遠くに見える山々、黄色の花々と段々畑。
これぞまさに絶景!という景色。
f0136783_7521548.jpg


それにしても、高度が高いせいために、直接見たら失明してしまいそうな
強い太陽の日射しと空気の薄さ、それに乾燥で身体はヘトヘト。
f0136783_753271.jpg

ガラス張りになっている休憩所で、高山病に効くというコカ茶を飲む。
コカの葉を乾燥させたものをそのままお湯の中に入れる、シンプルなお茶。
ちょっと青臭いけど、日本茶やハーブティーみたいな感覚で、普通に飲める。
パパイヤとバナナ、メロンなどフルーツの盛り合わせを出してくれたので、
少しつまむ。
徐々に回復。

しばしの休憩の後、更に先に進む。
だんだんと険しい崖になっていた。
その先端に一人の男性が座っていた。
f0136783_7551383.jpg

インカの伝統的儀式のデモンストレーションが見られるらしい。
煙やら水やらをかけてもらって、ちょっと神妙で厳かな気持ちになる。
どうか、無事に旅行が続けられますように。。。

一路、来た道を戻ると、草葺きの小屋が下の方に見えた。
そこまで降りるようだ。
f0136783_8335866.jpg


敷地内には、
インカの伝統的農法の説明が書かれていたり、
f0136783_7582739.jpg

リャマに葉ものをあげたり、この辺りの伝統的特産品を見たり、
f0136783_7592370.jpg

実際に織っている様子が眺められたり・・・まさに博物村という感じ。

その中でも、惹かれたのは棚に置かれている麻袋に入ったトウモロコシや
マメなどの乾燥した穀物。
f0136783_834218.jpg

日本では見かけることのないソラ豆のように大きな粒をしたとうもろこしも
あった。
南米、特にこのボリビア、ペルーの辺りは野菜の原産地。
ここからヨーロッパに入り、日本へも伝わったものは数多くある。
アンデス原産のじゃがいも、トウモロコシ、トマト、カボチャ、とうがらし・・・。
日本の裏側にある南米への興味は、小学生の頃に読んだ本の中で知った
そんな野菜たちから始まったから、今まさに実際に見て、触れて、味わえることが、
何だかとても不思議な感動の連続。

ガイドさんの話によると、インカ時代よりずっと前から伝わるジャガイモの
保存食があるらしい。
収穫したジャガイモを茹でて潰して凍結乾燥させると、10年は保存食として
持つという話。この気候と高地ならではの保存方法だろう。
今は茶色のテラスも、もうすこしすると一面の緑に変わる。
そのときは、まるでパッチワークのような景色になることだろう。

そんなことをボーっと考えている間も、太陽は燦々と降り注ぐ。
f0136783_823242.jpgf0136783_8232425.jpg








階段を5,6段下りると、何やら石造りの建物が。
鉄の扉を開けてもらって、おそるおそる中に入ると・・・
なんとそこは、地下博物館!
それはそれは、立派な施設で驚いた。
f0136783_825619.jpgf0136783_8253389.jpg









解説を聞いているうちに、睡魔と頭痛が襲ってきた。
外に出ると、トトラ船の実物が展示されていた。意外と幅が狭くてびっくり。
f0136783_826402.jpg

これで伝統的な漁に出たりするようだけど、少しでもバランスを崩すと、
湖に落ちちゃうんじゃないかなあと思ってしまう。
慣れてるから、大丈夫なのね、きっと。

いよいよ頭痛がひどくなってきた。
まだまだ日は高い。
これから船に乗って、国境渡って、バスに乗って・・・先は長いのに、
持つのか体力・・・。
by cocowaqui | 2007-11-11 23:14 | 07秋 南米・ベルギー | Comments(0)
<< 3日目その4 コパカバーナ~国... 3日目その2:チチカカ湖クルー... >>