人気ブログランキング |

3日目その2:チチカカ湖クルーズ~太陽の島(前)

f0136783_7275824.jpg

チュア港を出発すると、すぐ朝食の時間となった。
6名のゲストに、同じくらいの乗務員。
f0136783_726337.jpg

ビュッフェスタイルで、パンや果物、チーズ、ハムなど。
多少は揺れるけれど、何より空と同じぐらい青いチチカカ湖を進むのは
とても気持ちが良かった。
f0136783_7273379.jpg

やがて船は、湖の対岸の距離が最も近いエリア、ティキナ海峡へと近づいた。
(湖なのに、海峡?)
船が往来していて、その中には車やバスも!
f0136783_7295295.jpg

半分ぐらい沈んでみえるけど、たぶん大丈夫なのよねえ・・・。

近づいていくと、車の横に乗っている乗客の人たちが手を振っていた。
思わず手を振り返す。
チノ、チナと蔑視されてきた、ベネズエラじゃあり得ない光景だ。
f0136783_7304238.jpg

言葉は交わさないけど、ジーンと温かいものがこみ上げてきた。
いいなあ、ボリビア。
ボリビア万歳!
f0136783_7405215.jpg

遠くには、どれも6000mを超える山々。
今の自分のいる位置が高すぎてピンとこない。
富士山の頂上よりも高いんだ!!
f0136783_74935.jpg

船での移動は・・・
読書しようにも、揺れるから気持ちが悪くなるし、
せっかく景色がいいから外に出ると、日射しと風が強すぎて
しばらくするとクラクラして、また中に入ったり。。。
そんなこんなを繰り返し、
約2時間半で、太陽の島Isla del Solに到着。
f0136783_7422232.jpg

チチカカ湖には、大小41もの島が存在するけれど、
その中でもこの太陽の島は、インカ帝国の発祥の地といわれている。
ここに人が住み始めたのは、紀元前2000年頃からというのだから、
何だか気が遠くなるぐらい昔の話だ。
もともと違う文明が存在していたところに、インカの人たちがこの地を
聖域としたらしいから、いつの時代もどこの世界も同じようなことを
しているようだ。
いくら文明が発達しても、根本的には人間は変わらないのだろう。

船着き場には、既に数台のクルーズ船が停泊していた。
f0136783_742504.jpgf0136783_743767.jpg








船を下りると、怪獣の頭のついた大きなトトラ船がスーッと現れた。
トトラ船とは、湿地などで生育するススキやイ草に似た植物の一種の
トトラで作った船のこと。
こんな大きなトトラ船は、観光用なのでめったにない。

太陽の島からチチカカ湖にむかって島の右側の方を就航。
f0136783_745499.jpg

ポンチョと帽子の民族衣装を着た4人の男性がこいでくれたが、
エンジンがついているらしく、音がした。
男性陣の希望者は、衣装を着てオールを持って漕ぐ体験をさせてもらえた。
男性同士のグループは、喜々として写真を撮っていた。
意外と同性のカップルって、海外は多いのよね。

やがて、島の中腹にテラスに混じって遺跡らしきものが見えた。
f0136783_7453487.jpg

インカ時代の建物の跡らしい。
いつもなら行きたい、上りたいと思うけど、日射しがきついし
空気は薄いし、ボーっと見ているのがやっと。
f0136783_746738.jpg

空を見上げると、光の線と輪が・・・。
日射しがよほど強いみたいだ。
このツアー、始まったばかりなのにもうキツイぞ。。。
f0136783_7463131.jpg

by cocowaqui | 2007-11-11 22:51 | 07秋 南米・ベルギー | Comments(0)
<< 3日目その3:チチカカ湖クルー... 3日目その1:ラパスからチチカカ湖へ >>