人気ブログランキング |

4日目その4:馬車と「修道女の罪」

そんな波乱の昼食が一段落すると、貴金属を身に付けた
モデルさん達がぞろぞろ。
金、銀、エメラルドのアクセサリーを着けて、その度ごとに
コロンビア特産の衣装に替えて。。。
f0136783_11541125.jpg





ファッションショーとアクセサリーショーらしい。
宝石とスタイルとお顔に見とれていたら、あっという間に
終わってしまった。
f0136783_1154359.jpg

終わってから、ちょっとちょっとお姉さんたち、
と引き留め、写真を撮らせてもらった。
さすが美女の国コロンビアのモデルさん、ポーズが決まってます♪

会場のホテルを出るときに、参加者全員にお土産が配られた。
博物館のミュージアムショップで売られている、
ボテロのコーヒーカップ&ソーサの4客セット。
結構豪華だなあ・・・。
f0136783_11572323.jpg

そのあと、四人一組で馬車Paseo de Cochesに乗って
カルタヘナ城壁内見学。
f0136783_1223896.jpg

ところどころに水溜まりは残っていたものの、外はすっかり晴れていた。
f0136783_1215562.jpg

旧市街内は、市民の生活の場でもあって、とても賑やかで活気に溢れている。
食料品、衣服、お土産、服の生地、電化製品、何でもござれ。
世界遺産に指定されていて、古い街だけれど、今も街が立派に現役。
街も人も生き生きしたオーラが出ている。
f0136783_1241673.jpg

ベネズエラは、街も人も正直停滞してる感じなんだよね・・・。
古き街並みが、活気に包まれているって意外と世界でもそう多くはないと思う。
カルタヘナ、いいところです♪
f0136783_1243521.jpg

前の馬車がタクシーと接触するハプニング(事故?)はあったけれど、
馬車での観光は、思ったよりもあっという間だった。
馬車を降りたら、各自解散。時間は17時をまわっていた。

一旦ホテルに戻って、ビーチに行ってみた。
カルタヘナの海は、残念ながらあまりキレイではない。
美しいカリブ海は、船で行かないとないらしい。残念。
ビーチ近くを飛行機が降りてきた。
f0136783_125928.jpg

夜は、夕食をとるため再び旧市街へ。
灯りがともると、昼間とはまた趣が変わる。
f0136783_1272386.jpg

El Santísimoというお店。
f0136783_1265257.jpg

パテオ(中庭)があるコロニアル調のおしゃれなお店で、
出てくる食器もモダン。何だかとってもイイ感じ。
カルタヘナ料理のお店だけれど、
キリスト教にちなんだメニューが多い。
どうやら皮肉混じりのユーモアあふれるメニューらしい。
で、出てきた食事はこんな感じ。

f0136783_1291542.jpgf0136783_1293471.jpg








f0136783_1295543.jpgf0136783_1210242.jpg








・・・で、私は・・・何を食べたっけ?
確か白身の魚。量が珍しくちょうどいいサイズで、
味も口にあって美味しかったので完食した。

デザートも、ここは定評があるらしく楽しみの一つだった。
デザートメニューのテーマは、
Los pecados de la novicia ~修道女のあまたの罪
いいなあ~このセンス。
f0136783_12134443.jpg

修道女のため息 Suspiro de Novicia なるものを注文。
頼んでみると、甘さ控えめでとても口に合う。
f0136783_1214294.jpg

他のも美味しそう♪
昔は甘いものをあまり食べなかったけど、今はそこそこに食べる。
ここのデザートは、もう一度食べてみたいな。

レストランを出る頃には、もう10時半をまわっていた。
明日も一日忙しいぞ~!
f0136783_12143121.jpg

by cocowaqui | 2007-10-29 23:32 | 07秋 パナマ・コロンビア旅行 | Comments(0)
<< 5日目その1:水売りのおにいさん 4日目その3:壇上でバイラ?! >>