人気ブログランキング |

1日目:パナマへ

お昼前に家を出て、空港に向かう。
いつも旅行に行ったりするときに、送迎してくれる人は
コロンビアの出身。

いつも思うことだけど、中南米のほとんどの国では、
スペイン語が公用語。
歴史的に考えると、スペインからの侵略で、本来あるべき言語や
歴史が失われてしまって、世界的に見ても異常なくらいの
広い地域での使用言語だけど、言葉の心配がなく、
よりよい仕事や生活を探し求めて、国という枠を簡単に超えながら
生きていけるのは、島国で日本語という、とても限られた国で
のみ使用される言語を話すものとしては、とても羨ましい。





地元の空港からカラカスへの飛行機は、定時通り。
珍し~い!そんなこともあるのね。
f0136783_7425431.jpg

飛行機に乗っているとき、ちょっとひやっと思ったことが・・・
飛行中、パイロットに飲み物を渡すため、CAが数分間
操縦室のドアを開けっ放しに。
その間、一人の男性がトイレの場所を尋ねてか操縦室近くを
うろうろ。
別に何事もなく終わったけど、もし操縦室に立て篭もられたりしたら・・・
と思ってヒヤヒヤしてしまった。
考えると、コワイでしょ?
f0136783_7441569.jpg

カラカス・マイケティア空港では、荷物がなかなか出てこなかったり、
国際線の航空会社のカウンターが混んでいたりと、
また例の如く。

入国審査では、手前のX線チャックで同じような機械に2度通したり
(一つは軍人、二つ目は空港の検査官:ムダものにしか思えない)、
イミグレのお兄ちゃんはニコッとしたと思えば、ムスッとしてみたり、
何だかからかわれているような感じで、これまた無駄に時間が
かかるし・・・。しっかり仕事しろっ!
ベネズエラから出るのは、ホント疲れる。

そうそう、パナマに入国するときは、簡易ビザともいうべき、
「ツーリストカード」(米$5)が必要なので、各航空会社カウンター
で購入した。
これがないと、パナマには(たぶん)入国できないので、
パナマに行かれる方はご注意。

カラカス→パナマシティは、定時よりも早く出発。
パナマは、一時間遅い時差で約二時間のフライト。意外と近い。
機内では、簡単なチーズサンドとポテトチップス、チョコが出た。
このチーズサンド、結構美味しい♪
パナマは、日本企業の駐在や出張者が多いのか、入国管理官が
簡単な日本語挨拶を披露してくれた。
何か、ベネズエラよりもずっと感じがよい。いいなあ~!!

空港からタクシーで約二〇分ほどのパナマシティの新市街にある
ホテルへ向かう。
夕食は歩いてすぐの日本料理屋へ。
移動中、いつもよりも水分を取っていなかったせいか、
久しぶりの外国で緊張したのか、だんだん頭痛がひどくなり、
せっかく久しぶりの日本料理がほとんど食べられず。残念。。。
f0136783_7444290.jpg

ホテルにはカジノがあったので、そうは言いつつ
しっかりスロットマシンで遊ぶ。
$2分タダで遊ばせてくれたけど、あまり当たらず終了。
やっぱり、体調の悪いときはやっちゃダメだね。
でも、少し元気になった。
これで明日から、頑張ろう!
f0136783_7432198.jpg

by cocowaqui | 2007-10-26 23:19 | 07秋 パナマ・コロンビア旅行 | Comments(0)
<< 2日目その1:パナマシティを彷徨う 新着!ベネズエラの新通貨、ボリ... >>