「ほっ」と。キャンペーン

自然

日本では暖冬の後に今、寒波が襲ってきているけど、
NYも寒波が襲って雪景色らしい。
マンハッタンのホテルから見える街の屋上はどこも
真っ白だとか。。。
天候不良で、飛行機軒並み欠航になったりすると、
経由地で一晩過ごすハメになるから恐ろしい。

ここでは、四季がない。1年中暑い。
1日に何回もスコールが降る5月下旬から9月末
ぐらいまでの雨季と、数週間全く雨が降らず、
強風が一日中続く10月頃から5月上旬ぐらい
までの乾季だけ。

今の時期はどの木も葉が落ちて枯れているようなのに、
ふと気がつかないうちにみるみる青々とした新緑へと
姿を変える。
延々と照りつける強い太陽の日差し、次々とその姿を
変える流れる雲、それらを見ていたら、
ふと1冊の本を思い出した。

それは、ナンシー・ウッド著/金関寿夫訳
『今日は死ぬのにもってこいの日』
(原題MANY WINTERS 1995年、めるくまーる)
という本。
アメリカインディアンのある古老たちが語る彼らの
生き方を詩としてまとめたもので、
数年前に本・映画・TVドラマで話題となった
「世界の中心で、愛をさけぶ」のドラマ中、その核となった
詩の一節はこの本から引用されている。
自然との共生、畏敬、生というものへの悟りを
その平易でいながら深い詩で訥々と語られる。
フランク・ハウエルによって描かれている写実的な
ネイティブインディアンたちは、単に挿し絵としてではなく、
何かを訴えかける圧倒的な存在感を放っている。

語ってしまった・・・その中の一節が今の環境にぴったり来るので、
引用させてもらう。
    

 わたしたちすべての母は大地だ。
 父は太陽だ。
 祖父は、彼の心でもってわたしたちを洗い
 すべてのものに命を与えた創造主だ。
 わたしたちの兄弟は、獣や樹木。
 姉妹は、あの羽根のある生き物。
 わたしたちは大地の子、
 だからそれを傷つけない。
 朝の挨拶を忘れて
 太陽を怒らすこともするまいぞ。
 わたしたちは、祖父が創ったすべてのものを
 心から褒めたたえる。
 わたしたちは、みんな一緒に同じ空気を吸っている――
 獣も、樹木も、鳥も、人も。
f0136783_6265951.jpg

[PR]
# by cocowaqui | 2007-03-19 06:28 | 好きな事 | Comments(2)

マンゴー

10月ぐらいから、スーパーで見かけなくなって以来
ご無沙汰だったマンゴー
メロンやラグビーボールぐらいのスイカは、
いつ見てもあるけど、マンゴーは季節のものなのねと、
残念に思っていたら、
10日ぐらい前にスーパーで発見!

おおっ、久しぶり~と思って、3つ買って帰ってきた。
まだ青いけど、一緒に買ってきたパパイヤと追熟させて
おいたら、今週になってやっと食べ頃のオレンジ色に
変わってきた。

いよいよ食べどきッ、と思っていたその日、
週に2回来てくれているメイドさんがそのマンゴーを
じっと見ていた。そろそろだよねって言ったら、うーんって
何か言いたそうな顔。
まあいいや、今日は珍しく朝から忙しいし、出かけなきゃと
思って、支度をして使ったコーヒーカップを台所に持って
いったら、さっきまで置いてあったマンゴーがない!

 えっ?! どこにあるの~??とふとゴミ箱を見ると、
マンゴーが丸ごと捨てられていた。
えぇー何でー!!思わず拾って呆然と眺めていたら、
メイドさんが戻ってきた。マンゴーを拾っている私を見て、
それはねー、青いうちに取ったものだから、香りも味も薄くて
不味いよ。うちのマンゴーが熟したら持ってきてあげるからね。
と言われた。

確かに、ここではマンゴーが街路樹だったりして、不味い
マンゴーなんてありがたみがないかもしれないけどさ、せっかく
買ってきたんだもん、自分でむいて確かめたかったよ。
朝からちょっと涙目になってしまった。。。
その日行ったスーパーで見かけたマンゴーを、素通りしたのは
言うまでもない。

↓ 木に実る青マンゴー。まだ酸っぱくて渋い。
f0136783_21472613.jpg

[PR]
# by cocowaqui | 2007-03-17 21:51 | 日常生活(ベネズエラ編) | Comments(0)

はじめに・・・

まずは簡単な自己紹介から・・・

名前:cocowaqui

居住地:南米の地方都市

興味あること:旅行・読書・映画・ドラマ・観劇・美術館巡りなど
         
身の回りのことを書いていこうと思っていたのに、実はタイトルが
とんでもなく大きいものを指してることに気がついた。

人と話すことがめっきり減ってしまったので、雑文を書いて
気を紛らわせようと思って始めたこのブログ。

タイトルを決めるにあたって、何でも書けるのを・・・と思って、
書く内容を限定しないようなものを考えたけど、
如何せん規模が大きすぎてしまった。

でも、「世界」っていうと、平面的な世界地図を連想して、
地球」っていうとその形を実感できる地球儀を連想する。
実際無理な話だけど、地面を掘っていけば自分がいる場所の
裏側にいる場所の人と出会えるかもって想像がふくらむ。
勝手な思い込みだけど、どこまでもつながっている気がする。

人のいるところに歴史が成り立っているのが「世界」なら、
地球」は生きとし生けるもの全てがすっぽり守られている
自らも大きな生命体。

ここでどこまでも広い地平線を見ていると、
世界にいると感じるより、丸い地球の上にいることを実感するから
・・・とりあえずこのままいこう。
f0136783_023052.jpg

[PR]
# by cocowaqui | 2007-03-17 00:26 | その他 | Comments(0)

ブログ開設!

手探りのまま、ブログ、始めてみました。
日々感じたことなどを書いていきたいです。

ちなみに今日は、相変わらずの暑さ。蚊に刺されてしまった。
マラリアにかからないように気をつけないと。。。
[PR]
# by cocowaqui | 2007-03-16 06:12 | その他 | Comments(2)