「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お花見いろいろ

暖かくなってきたので、お花を探して・・・
スモモの花を見つけた。
f0136783_1514938.jpg


桜でいちばん好きなのは、シダレザクラ。
シュッとしていて格好いい。
f0136783_15194430.jpg



さて、今日は今月いっぽいサントリー美術館で
開催中の「歌舞伎―江戸の芝居小屋」展へ。
f0136783_15151896.jpg

庶民の娯楽としての歌舞伎の魅力が、満載。
今回の展示は、大きな屏風絵が多くて
あちこちから声が聞こえてきそうだった。
見終わった後で、平櫛田中の作品があれば
よかったなあと思ったら、展示期間が終了していた。
残念。
去年の秋に、三重県立美術館でやっていた
「平櫛田中展」は、素晴らしかった。


東京ミッドタウン横の檜町公園の桜が、
私を見ていって!と主張していた。
f0136783_15153890.jpg

f0136783_1516128.jpg

ソメイヨシノ以外の桜も見事に咲いていた。
f0136783_15162265.jpg

f0136783_15164086.jpg

f0136783_15165488.jpg

f0136783_15171366.jpg

柳も美しかった。

f0136783_15172595.jpg

都心なのにこんな広くて素敵な公園がある東京って、
やっぱり奥深い。
[PR]
by cocowaqui | 2013-03-28 17:44 | 訪れたところ | Comments(0)

春が来た~ふらっと鎌倉

桜も咲き始めて、暖かくなってきたので・・・
久しぶりに鎌倉へ。
f0136783_13503019.jpg

八幡宮横の桜は見頃だったけど、
f0136783_1351035.jpg

まだ段葛の桜は2分咲きぐらい。
東京より少し遅めかな。
f0136783_13511725.jpg

八幡宮境内では、結婚式の最中。
お幸せに♪

今日の目的は、神奈川県立近代美術館鎌倉。
f0136783_13522984.jpg

この展覧会は巡回展で、関東では秋に世田谷美術館に来る予定。
勉強不足だったけど、興味深かった。
時代を変えていく意志の強さとパッションがひしひしと伝わってきた。

今回は分館の展示には行かずに、
雑踏を離れ、植物たちや鳥のさえずりに惹かれて、
思いのままに散歩。
f0136783_1455475.jpg

f0136783_146924.jpg

桜だけでなく、白木蓮も見頃。
f0136783_146254.jpg

ダイコンの花ももう咲いていた。

亀ヶ谷坂を通り抜けたところの、椿の大木が素晴らしかった。
f0136783_14104979.jpg

f0136783_1464795.jpg

f0136783_1411653.jpg

厳しい冬があるからこそ、春はやってくるのね。
また来よう♪
[PR]
by cocowaqui | 2013-03-21 18:45 | 訪れたところ | Comments(0)

レモンの花♪

今年2輪目のレモンの花が咲いた。
去年はレモンが2つ実った。
今年はいくつ実るかな?

f0136783_20431647.jpg

[PR]
by cocowaqui | 2013-03-15 20:52 | 日常のできごと | Comments(0)

ベネズエラの・・・

3月5日、かねてよりがん闘病中だった
ベネズエラの大統領ウゴ・チャベスが58歳で亡くなった。
彼の遺体は、処理され永久保存される予定らしい。

良くも悪くもカリスマ性を持っていた人だから、
正直、複雑な思い。

自分の大統領任期を延ばして、
再選を無期限にしようとして否決されたり、
自分の意に沿わないテレビ局を閉鎖したり、
いろいろな会社を国有化してしまったりと
やりたい放題の暴れん坊時代を知っているので、
こんなに早くいなくなるとは思わなかった。

思い出すのは、家にいたメイドさんがつける
ラジオから流れてきたベネズエラ国歌と
チャべス大統領の延々と続く演説。
演説は、長い時には6,7時間にも及んだとか。
昨年は健康回復アピールで9時間半の記録を作ったらしい。

21世紀の社会主義を強く推し始めた2007年の頃に
できたスローガンは、
「社会主義祖国 社会主義か、さもなくば死を!われらは勝利する」
(Patria,Socialismo o muerte... Venceremos!)

それが、病気判明後は
「(独立と)社会主義祖国、生きよう、打ち勝とう」
(Independencia y patria socialista, viviremos y venceremos!)
に変わった。

チャベスの支援者たちが彼を乗せた車の周りを
囲んだ映像を見ると、
50年前のアルゼンチンの大統領夫人エビ―タことエバ・ペロン
の葬儀写真と良く似ていた。
彼女も確かガラスの棺に入って展示されたはず。

ゆかりのあるベネズエラが、これからどうなるのか
注意して見ていきたい。
みんなが幸せになれる国家になりますように。

追記)
・・・やはり赤道近くの暑い国だから、
チャべスさんの永久保存は難しいらしい。
自然から生まれたものは自然に還るのが道理。

*ベネズエラってどんなところなの?という方のために・・・

数年前の私の体験記を斜め読みして頂ければ、
大体分かると思います。思いのほか刺激的です日常生活(ベネズエラ編)

ベネズエラの今→在ベネズエラ日本国大使館
[PR]
by cocowaqui | 2013-03-10 13:18 | その他 | Comments(0)