「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:0807 miami・ペルー(休み中)( 3 )

第2日目:暑~いマイアミ

夜中に着いたので、朝はゆっくり起床。
窓の外は、アールデコ調の懐かしい感じの建物が見える。
f0136783_536209.jpg

昨夜のホテルのカウンターにいたおじさんによると、
このホテルは、1929年に建てられたこの辺りでも
古い方のホテルらしい。
f0136783_535467.jpg

エレベーターもかなり、年季が入ったシロモノで、
いつ止まるかわからない感じ。
f0136783_5365565.jpg

マイアミは何度も来ているけど、マイアミビーチは2度目。
この辺りのホテルは、今回が初めての宿泊。
雰囲気がカラッと明るくて、パラダイス♪という空気が流れている感じ。

朝食はついていないので、散歩しながらどこかで食べることにした。
f0136783_5372841.jpg

ホテルの前の通りOcean Driveは、パステルカラーに塗られた
アールデコ様式のホテルや建物が建ち並ぶ。
ブランチどきとあって、あちこちのレストランでピチピチの
お姉さんたちが呼び込みをしていた。
f0136783_5402595.jpg

結局、数ブロック先のホテルのカフェレストランで、ブランチ。
f0136783_5404626.jpg

フレンチトーストは、美味しいけど結構重め。
さすが、アメリカだわ。。。

食べ終わったら、お腹を空かせるためまた散歩続行。
ホテルの客寄せに、駐車されてるクラシックカー。
f0136783_5455981.jpg

ちゃんと、黒スーツとハットを被ったクラシックな姿をした人形が、
運転席に座っている。
f0136783_55046100.jpg

凝ってるなぁ~。

通りの向こうにある公園を抜けて、
f0136783_5481987.jpg

ビーチへ散歩。
土曜日ということもあって、午前中から結構人が多い。
波打ち際には、海藻がたくさん打ちあげられていて、
意外とビーチは汚い。
f0136783_542188.jpg

ここだけが目的なら、
泳いだり、昼寝したりしたら最高だねえ!
って言うんだけど、この後のペルー観光がメインだから、
今回はイマイチ盛り上がらない。

それに、盛り上がらないもう一つの理由は、交通手段。
マイアミは広いから、絶対にレンタカーで廻らないと不便だけれど、
私一人で運転する勇気もないから、今回はタクシーを利用。

・・・それにしても、暑い!
日射しがきつく、どこを歩いても白い砂浜や壁が反射してくる。
f0136783_5432287.jpg

木の下で昼寝をして待っているという父を残して、
母とアールデコビジターセンターへと向かう。
ところが、移転されて別のところに変わっていた。
f0136783_5514343.jpg

数ブロック先の新しいその場所へ向かうと、案内所という感じではなく、
ちょっとマニアックなお土産屋さんという感じ。
観光バスツアーなどここで申し込めるらしいが、
今日のツアーはもう満席らしい。
ここで、マイアミビーチのアールデコ建築の写真集を購入。
古いものだけどと、Old Miami Beachという図録も
袋に一緒に入れてくれた。
f0136783_60717.jpg

ウレシイ~♪ おばさん、ありがとう!

再び暑い外に出ると、もっと歩いて観光しようという意欲は益々薄れ、
結局ガソリンスタンドで飲み物や食料を買ってビーチに戻る。
暑い中の、目的のないそぞろ歩きは、結構疲れる。

再びビーチへ。
見張り台もマイアミらしくポップな色合いで可愛い。
f0136783_655048.jpg

こういうのを見てつくづく思うのは、
南米やマイアミなどラテンの人たちは圧倒的に、
原色やポップの色合いを上手く組みあわせるセンスが、
素晴らしいなということ。
私も真似したいものだわ・・・。

雲行きがあやしくなってきたなあと空を見ていると、
セスナが海を横切っていった。
f0136783_683189.jpg

よーく見ると、車の宣伝。
f0136783_685481.jpg

さすがアメリカ、さすがマイアミという感じ。
他にも、今夜のクラブイベントの宣伝セスナも飛んでいた。

一応、18時に空港までのタクシーを呼んでおいてもらったけれど、
雨もパラついてきたので、16時にはホテルに戻り、
ロビーのソファーで仮眠をとって、体を休めた。
案の定、外は雷雨。
本当は、夕食は美味しいものを食べにいって、
22時頃に空港に行けばいいと思っていたんだけど・・・
旅は始まったばかりなのに既に疲労困憊。

18時半、マイアミ国際空港到着。
最近できたばかりの新しいターミナル。
リマ行きの飛行機の時間まで、あと7時間半。
チェックインできるかなあ・・・と思ったらなんとかできた。
X線のところでは、これはいつのこと?と聞かれ、
ちょっとあたふた。
ちゃんと航空会社が発券してるから問題ないし、
AMって書いてあるのに・・・
そうです、夜中だよ。。。

空港でご飯食べて、エコノミーだけど一応、上級会員だから
ラウンジ入れてもらって、出発まで寝て過ごそう♪

そう思っていたのに、できたばかりのこのターミナル、
チェックを受けてしまったら、レストランはほとんどなく、
ラウンジも外にあった。
f0136783_6133658.jpg

6時間、空港のイスで過ごすしか・・・ないですよね。
と、カフェが閉まり、売店も閉まり、空港近くの火災を野次馬して、
延々と人の少ないイスで、真夜中すぎまで飛行機を待っていた。

これで昨日みたいに、飛行機の時間まで遅れなければいいけど。。。
[PR]
by cocowaqui | 2008-07-05 23:11 | 0807 miami・ペルー(休み中) | Comments(0)

第1日目その2:ここはどこ?

どこだかわからない空港のような場所に緊急着陸して、
はや1時間。
まわりを見回すと、意外とみんな冷静で仕方がないことと
受け止めている。

これがもし日本だったら・・・
どうなってるんだ!とか
ちゃんと△△に着けるんですか?!とか
騒ぎ出す人が絶対にいるはず。
日本は時間に厳しすぎるからねえ。

「日本の常識が、世界の常識とは必ずしも限らない」
と、ラテンの地域にいるとつくづく感じる。

23時20分、ようやく飛行機は動き出した。
よかった~このまま一晩明かすか、
この辺に放り出されるのかと思ったよ。

マイアミの上空は、結構揺れはしたものの無事に到着。
ホッとしたのもつかの間、イミグレでは長~い列。
あまり審査に時間のかからない、緑の入国カードを持っている人の列
を探したけれど、見事に中南米の白い入国カードの人ばかり。

あきらめて、並ぶ。
日付は変わり、待つことなんと2時間!
ようやく私たちの番になった。
今年から導入された新しい指紋検査に、ここで初めて
体験した。
それは両方の親指と、他4本の指を検査するタイプ。
これで、ようやく母の別室送りもなくなるわ、たぶん。

ようやく空港を出て、タクシーに乗り、
マイアミビーチにあるアールデコ様式のホテルに
着いたのは、もう2時を過ぎた頃だった。
f0136783_9405964.jpg

なんだかものすご~く長い1日だったけど、
旅はまだ始まったばかり、なのよねえ。。。
でも頑張るぞ!
[PR]
by cocowaqui | 2008-07-05 02:34 | 0807 miami・ペルー(休み中) | Comments(2)

第1日目その1:マイアミに着けるのか?~波乱の始まり

今日から、日本から来た家族と私だけの旅行が始まる。
行く前から胸騒ぎがするほど、すごーく不安。
何より英語が嫌いだし、スペイン語もあまり上達してないし、
今までの旅行は夫主導だし・・・、一人で行くのと訳が違うし・・・
夫は大丈夫だよ、と軽く言うけど、
いやいや甘いな、私のカンは良くも悪くも外れたことは少ないんだ。

そんな時の唯一の頼りの綱が、日本から先月運んでもらった
携帯電話。
こっちの電話は世界携帯といっても全くあてにならないからね、
ケータイよ、何かあったら救っておくれよ、
頼んだぜい!

一旦会社に行っていた夫が空港まで見送りに来てくれて、
一路カラカスへ。
・・・と思ったら、早速飛行機が1時間遅れた。
幸先暗いわ。

カラカスの空港に迎えに来ていた運転手さんに、市内の
日本料理屋へ連れて行ってもらうものの、
f0136783_9452493.jpg

時間がなくて、デザートとコーヒーは泣く泣くあきらめた。

この後、チョコレート屋さんに連れていってもらうはずだったのも、
キャンセルされて、まっすぐ空港へと送ってもらう。

無事チェックインを済ませ、
たっかーい国際線空港税(現在、一人115ボリバール、約6000円)
を支払い、2度のX線を通過し、イミグレでチェックを受けていると、
突然係員が別の係員を呼びにいった。
そして、パスポートの写真を見ながら、父のほうを見て
名前を連呼した。
それも、丁寧に「さん」をつけているけど、大声で。
父が返事をすると、パスポートを渡して去っていった。
その後何事もなかったように、審査が終わったけど・・・

一体何だったんだ??

「まあね・・・ベネズエラだから。」
理不尽なことや、理解に苦しむことがあると、この言葉で
いつも終わる。

今日は、これからマイアミへ飛ぶ。
ペルーが目的なのに、全く逆に飛んでいくのはなぜか?
それは、単に私の世界一周のチケットが、マイアミで止まった
ままだから。
いくつもの航空券を組み合わせ、パズルのようにして、
安く旅行をするのが、うちの夫の趣味。
で、そのチケットにわざわざ家族を付き合わせてしまっている、
というわけ。
f0136783_946927.jpg

そのマイアミ行きのラン航空は、定刻通り17時に飛んだ。
エコノミーの席はバラバラだけど、
食事はまあまあだし、
f0136783_946288.jpg

とりあえず乗っていけばマイアミに着くし、
このままだと、マイアミビーチのホテルには10時頃には
着けるかしらん、なんて思っていたら、
マイアミ上空近くでその状況は一転した。

スクリーンに出ていた到着地までの時間が、なぜか
さっきよりも増えているし、地図も上空を旋回しているらしく、
とぐろを巻き始めていた。
程なく、パイロットからの説明があり、集中的豪雨の
天候不良のため、空港に下りられないとのことだった。

マイアミの天候不良は、良くあることで、
飛行機が何時間も遅れるとか、飛ばずにキャンセルされたという
ことをよく聞かされていたから、やっぱりねという感じ。

40分近くの旋回した後、飛行機は着陸態勢に入った。
下では、あちこちで花火が上がっていた。
そういえば、今日はアメリカ合衆国の独立記念日だ。
初めて、独立記念日にアメリカに来たなあ、
いやあ、ラッキーラッキー♪

空港に着陸したらしいので、早速荷物を降ろす人たちが、
通路に殺到した。

やっぱり着いたんだ。
そう思っていたら、直後のアナウンスの後、また荷物を上げ始めた。

みんな、素直だなあ・・・。ゲートに移動するのに、
注意されたからわざわざ上げるんだ。
そう思っていたら、どうやら様子がおかしい。

辺りは真っ暗、飛んでくるのも飛んでいくのもいない。
マイアミから少し北の方にある、たぶん貨物用の空港に緊急着陸
したらしい。
時間は既に、22時をとうに廻っていた。

気をもんでも仕方がないけど・・・どうしよう。
これからどうなるんだろう?
本当に、途方に暮れていた。
[PR]
by cocowaqui | 2008-07-04 22:36 | 0807 miami・ペルー(休み中) | Comments(0)