「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:07~ アメリカ( 13 )

極寒のNYから常夏の南米への長い1日

今日は、朝6時35分の便でまずプエルトリコのサンファンへ飛ぶ。
4時半にJFK(NYの国際空港)に着くためには・・・
マンハッタンのホテルを、4時に出るため、3時起き。
眠いし、何より寒い。。。

無事チェックインと、X線チェックを終える。
毎回、靴を脱ぐのが面倒くさい。
でもSSSS(特別チェック)がないだけ、良しとしよう。
これにかかると、完全犯罪者扱いで、すごく感じが悪い。

まだ人がまばらなアメリカン航空専用ターミナル。
自由の女神の模型があった。
f0136783_7493358.jpg


5時から開くのを待って、ラウンジへ。
f0136783_7444749.jpg

オレンジジュースとベーグルを食べて、一眠り。
ふと目を覚ますと、目の前の椅子にケージから顔を出す猫がいた。
アメリカの航空会社は、ペットには随分寛大らしい。

サンファンまでアップグレードしてもらったので、約4時間弱のフライトは楽だった。
機内食は、チーズオムレツとフルーツ。
f0136783_7485121.jpg


10時半、サンファン着。
飛行機から見えるカリブ海の常夏の島は、太陽の光がまぶしい。
f0136783_7541686.jpg


ラウンジは、開放感があって気持ちよかった。
f0136783_7523438.jpg


12時過ぎ、カラカスへ向けて1時間強のフライト。
次の飛行機が、すぐ後ろについていた。
f0136783_756553.jpg


ベネズエラの飛行機は、本当によく遅れるので時間が読めず、
3時間4時間待ちを考えて、乗り継ぎの飛行機を予約する。

今日もやっぱり遅れて、家に着いたのは10時過ぎ。
いつもは、カラカスの空港近くか、街まで上がって1泊して帰るから、
NYから泊まらずに帰れるんだ、という実感。
圧倒的に距離が遠い東京-NY間と、時間的には大して変わらない気が・・・。

はぁ、ベネズエラに着いた途端疲れが襲ってきた。
本当にここから国外に出入りするのは、シンドイ。
[PR]
by cocowaqui | 2008-01-16 23:05 | 07~ アメリカ | Comments(0)

NY散策&ミュージカル♪

昨夜、地下鉄でホテルまで戻るときの出来事。
ホームで列車を待っていると、黒人の若い男性がイヤホンをつけて
何やらノリノリで歌っていた。

なんだかご機嫌だよ、何聞いてるんだろう?

ちょっと耳を凝らすと、何となく日本語の歌詞っぽい。
うん?日本の歌??

どうやら歌は最後のサビの部分にかかり、彼のテンションも絶好調♪

・・・、ゲキレンジャ~♪

そうきたか!やられた。。。
さすが大都会NY。
ほぼリアルタイムで、日本の特撮テレビシリーズの熱烈ファンが
いるなんて。
なんでもあるなあ、NY。


そんな日の翌日。
ホテルで朝食をとったあと、タイムズスクエア近くまでお散歩。
f0136783_10343973.jpg

Virgin Megastores で、CDを探す。
$8や$10セールをしていて、つい枚数がかさんでしまう。
でも、満足満足。

その後、地下鉄でサウスシーポートのTKTSへ。
過去2回、一人で行ったときは、急行の地下鉄でそのまま川向こうに
行ってしまったり、違う方面に行ってしまったので、今回は3度目の正直。
今回は、初めて上手に乗り継げた。
進歩進歩。

ディスカウントチケットを販売するブース、
TKTSはマリオットマーキスホテル敷地内(46th st. Broadway&8th ave)と
サウスシーポートにあるけれど、前者はいつもスゴイ列で、時間も結構見るからに
かかりそうなので、私はちょっと遠くてもサウスシーポートまで行く。

今日も、待ち人なしのガラ空き。
目的の、コーラスラインのチケット、ゲット!
$111.5→約半額の$56.50(+手数料$4.00)

これで今日の用事がひとつ終了。

今日はこの後何も考えてないので、歩いて暖まるのもいいかなと思い、
歩くことに。
街の風景が、次々と変わっていく。
寒いけど、楽しい。
f0136783_10374386.jpg

重厚な存在感かつエレガントな建築物、発見!
ニューヨーク市庁舎。優雅でステキです。

ソーホーでは、おしゃれなお店が並んでいたので、何軒か覗く。
でも、サイズが・・・特に腕の長さが・・・。

ソーホーのはずれ、アジア系の人たちがやっている露店。
f0136783_10381555.jpg

通りすぎようとしたとき、ふと見てみるとパシュミナが売っていた。
黒が欲しかったんだよね~
と思って、手に取るとその価格、実に1枚$5! 3枚買うとなんと$10!!

ホンマかいな。
と突っ込みたくなったけど、意外と感じが良かったので、試しに買ってみた。
f0136783_10391018.jpg

70%パシュミナ、30%シルクのタグがついていたけど、
こんなのいくらでも付けられるもんね。
パシュミナならぬパシャニナだったりして・・・。
とはいえ、結構キレイな色なので、気に入った。

その後、前に歩いていた人が立ち寄ったお店に、一緒に付いていったら、
そこはディスカウントショップ。
今、日本で大話題のMade in chinaが店中に並ぶ。
そんな中で、また安物に手が・・・
タオルとか掛けるフック欲しかったんだよね、
あっ、リンツのチョコが安~い、
デリで普段売っているミネラルウォーターが、$0.39だ!
と、何もここで買わなくてもと思うものを購入。

気がつけば、荷物が・・・。
安物買いの銭失いだったかなあと思いつつ、昼食を食べていないこと
に気づく。
日本食レストランが多いイーストヴィレッジ付近に差しかかっていたので、
お気に入りの「めんくいてェ~」へ。

マンハッタンに2店舗あるうち、このお店は初めて。
ここの方が、きれいだった。
醤油ラーメンにチャーシューが多めの麺喰ラーメン。
スープにコクがあって、ちょっと懐かしい味。
このお店のラーメンが、NYでは一番好き。
これだけの味がNYで食べられたら、日本に帰らなくてもいいね、
とベネズエラ地方都市在住者は思う。

お腹がいっぱいになった後は、すぐそばの日系スーパー
サンライズマート(29 Third Ave.New York, NY 10003)へ。
何を買うとも決めてなかったけど、納豆とか、おかきとか、
たわいのないものと、明日の朝ご飯用にと
クリームパンやあんパン、カレーパンなど
(PANYAという日系のパン屋さんのパン)を購入。
そろそろ荷物が手一杯になってきたので、地下鉄でホテルに戻る。

ホテルで、少し休憩。
仕事から戻ってきた夫と、7時開演のコーラスラインへ。
f0136783_10402713.jpg

休憩なしの約2時間弱のステージ。
いや~、良かった!
セリフが多いので、日本版を見ておいて良かったとしみじみ思う。
日本の劇団四季版も好きで、何度も見たことがあるけれど、
この作品に関して言えば、やっぱり別物。
セリフの中でNY近郊の地名が出てきたり、
登場人物がプエルトリコ系、中国系などの移民や、
肌の色などが違っていたりなど、
日本では見ながら
「ちょっとムリがあるなあ」
「ここでその地名をいわれてもわからない・・・」
と思っていたことが、
本場で見て全てが腑に落ちた!という感じ。

作られてから30年以上も経っているけれど、
まさにこの舞台のストーリーそのままに、
舞台に立つためのオーディションは、今日もこの劇場の近くで
同じように行われているわけで、そういう意味では臨場感があって、
ドラマチックな感動をで覚えた。
ラストシーンでは、おもわず涙が・・・。
やっぱり名作だ。
f0136783_10404913.jpg


余韻と興奮が覚めやらぬまま、劇場を後にする。
夕食は夫の希望に従って、昼食と同じ「めんくいてェ~」。
またか!って感じだけど、今度はミッドタウンウェストにある別の店舗。
こっちは「商店街で昔からやっていて、味が美味しいので繁盛している
ラーメン屋さん」という雰囲気。

ラーメンはお昼に食べたので、ご飯ものをと思い、チャーハンと餃子を注文。
ウマかね、これが日本の味たい。
そんな感じ。
f0136783_10415938.jpg

かつて連れて行ってもらったところで、焼鳥屋さんやおそば屋さん、
焼き肉屋さんなど、ここは日本?と思ってしまうような美味しい
日本食のレストランもたくさんあるんだけれど、やっぱり同じお店ばかりに
なってしまうんだな、これが。

今夜が最後の、夜のタイムズスクエア。
寒いけど、この寒さが心地よい。
明日はまた、暑いところに帰るんだ・・・。
f0136783_10412283.jpg

[PR]
by cocowaqui | 2008-01-15 23:15 | 07~ アメリカ | Comments(0)

ワシントンD.C.へ その2:ミュージアム三昧♪

ビジターセンターを出て、ナショナルギャラリーへ。
f0136783_6432270.jpg

入り口には、人影が見えず。。。
もしかして休み?
そう思っていたら、扉が開いて人が出てきた。
よかった、開いていた。

荷物チェックを受けて、中へ。
時間が早いせいか、まだ人はまばら。
地図をもらって、せっせと鑑賞。
f0136783_6441889.jpg


写真を撮ってる人もいたけれど、限られた作品だけ許されて
いるらしい。
下手に撮って、巡回している強面の警備員に注意されたら嫌だし・・・。
メモぐらいはいいかなと思って、シャープペンでメモを取っていると、
何度か

Mis'!

と聞こえてきた。
声のする方を振り向くと、強面の警備員がじっと見ていた。

誰?私??

注意されてるのは私らしい。
ペン使ってないのに・・・ダメなの?
何だかとても愛想がないのは、無料の施設だからなのか・・・。

3時間ほど鑑賞。
絵画以外では、この天使の噴水にとても心惹かれた。
f0136783_73961.jpg


お昼を過ぎてそろそろお腹も空いてきたけど・・・
周りは博物館ばっかりだし、つぎ行ってみよう♪

で、モールを挟んで真正面に建っている航空宇宙博物館
へと行った。
f0136783_6513228.jpg


かつては、広島に原爆を落としたエノラゲイもここに展示されて
いたけれど、今では空港近くの別館に移されたらしい。
日本人としては是非とも見ておきたいものだったので、がっかり。
やはり、国民感情が微妙に反映されてのものなのかな。

ただ海・空軍のコーナーでは、対日本軍との太平洋戦争の
展示コーナーがあり、見学者で唯一の日本人としては、
何とも言えない複雑な気持ちになった。
これは軍艦。
f0136783_705939.jpg

なんだか、アメリカの軍備の発達は素晴らしいでしょう、
という自負と押しつけを感じて、真理がなんなのか分からなくなる。

でも、はっきりと言えることは、
「やっぱり戦争はいやなものだ」
ということ。


とはいえ、楽しいものもたくさん♪
1903年にライト兄弟が初めて空を飛んだ動力飛行機とか、
f0136783_655463.jpg

リンドバーグが大西洋を単独横断したときの飛行機とか、
f0136783_7631100.jpg

いろいろな旅客機とか、
f0136783_658079.jpg

ロケットの内部とか、
f0136783_6582477.jpg

触れるけど、小さくてよくわからない月の石とか、
f0136783_7244668.jpg

アポロ11号の月着陸船とか・・・。
f0136783_6561849.jpg

この月着陸船の金色のシートは、アルミホイル?と思うぐらい、
薄くてちょっとびっくりした。

まるでおもちゃ箱の中にいるように、楽しかった♪
もっと見ていきたかったけど、お腹も空いたし、いろいろ見過ぎて
頭もボーっとしてきたので、小休止。
1F横のフードコートで、ハンバーガーをパクつく。

そろそろ足も疲れて、時間も夕方なので、朝別れた
ユニオンステーションまで戻ることに。
またゆっくり来たいな。

f0136783_702872.jpg

ベンチで待っていると、いろいろな人がいた。
車いすのホームレスのおじさんは、今日もらったお金を数えながら
寝てしまったり、後ろに座ったおばさんはずーっと独り言をいいながら
パンフレットを読んでいたり・・・
人が行き交う駅では、いろいろなタイプの人を観察できるから
結構好きだ。

1時間半ほど待っていると、無事に会えた。
急行のアムトラックで、帰途につく。
途中の駅で、火災があったりして1時間ほど遅れてしまい、
22時頃にNYのペンステーションへ戻る。
こんな時間に開いているところは・・・
24時間営業の韓国レストランか?
ということで、久しぶりに春にも行った江西会館(Kang Suhカンスー)へ。
f0136783_7371.jpg

ビビンバを食べた。オマケで付いてくるキムチやサラダなどがウレシイ。
更にオマケ、といって茶碗蒸しのような卵スープを出してくれた。
温かくてホッとした。

長い、充実した1日だった。
[PR]
by cocowaqui | 2008-01-14 23:46 | 07~ アメリカ | Comments(0)

ワシントンD.C.へ その1:どっちにしよう?

昨日からの雨が雪に変わっていた。
5時半、タクシーでペンシルバニア駅へ向かう。
ちなみに、この駅はペンステーションPenn Stationと呼ぶのが
一般的らしい。

6時の特急のアムトラックで、ワシントンD.C.(以下、ワシントン)
へ向かう。
片道2時間50分。
フィラデルフィア、「ヘアスプレー」の舞台のボルティモア、
そして目的地ワシントンのユニオンステーションUnion Stationに到着。

初めての場所はいつ来てもドキドキする。
アメリカ合衆国の首都、ワシントン。
駅は、まるでミュージアムのような荘厳な空間。
ちょっとゾクっとした。
f0136783_4204096.jpg


f0136783_4163883.jpg

仕事の夫とその相手と3人で中央のカフェで少し暖まってから、
とりあえず時間を決めて別れる。
電話もないのに、そんな適当で大丈夫なのか?

夕方まで一人で観光をすることにしたんだけれど・・・。
実はガイドブックがない。
うちにあるはずなのに、すっかり頭から抜けていた。
とりあえず、地下鉄で地図をもらって、
スミソニアン博物館群Smithsonian Institution
http://www.si.edu/guides/japanese.htm
のあるエリア、ナショナルモール地区まで行くことにした。

これが、スミソニアン駅。
f0136783_423313.jpg

写真を撮ったときは誰もいなかった。
近未来な雰囲気を醸し出していて、闇の中に吸い込まれそうな錯覚がする。

f0136783_4324916.jpg

地上に出ると、広い敷地に出た。
これがナショナルモールNational Mall らしい。
実はここ、国立公園らしい。

f0136783_424829.jpg

左にはワシントン記念塔Washington Monument 、
f0136783_4233054.jpg

右にはアメリカ合衆国議会議事堂United States Capitol が見える。
あぁ、アメリカ合衆国にいるんだ・・・という印象。

風を遮るものが周囲に何もなく、吹きっさらしで
ものすごく寒いので、とりあえず動く。
Museumらしき建物ばかりなので、地図を探した。
・・・あった!
f0136783_4432622.jpg

真ん中辺りに建っているお城が、ビジターセンターらしい。
早速行ってみることに・・・。
なんか、ここだけ雰囲気がちょっと違う。
f0136783_4512291.jpg

中に入ると、女性警備員から荷物のチェックを受ける。
結構厳しいのね。。。

ここで無料のガイドブックと地図をもらう。
f0136783_453859.jpg

ちなみに、このスミソニアン博物館のどれもが、基本的に
無料!
世界的にも有数の博物館が全てタダで廻れるなんて、
たぶん世界でここだけじゃないかなあ。
1ヶ月滞在して、全部見てみたい!

で今回は、まずとりあえず美術館。
国宝級の日本美術が所蔵されているフーリアギャラリーか、
有名なナショナルギャラリーか。

・・・やっぱり最初は有名どころを押さえておくか。
今日は、ナショナルギャラリーにしよう♪
[PR]
by cocowaqui | 2008-01-14 22:10 | 07~ アメリカ | Comments(0)

買い物三昧♪

NYの朝。
寒いけれど、よく眠った。
あっという間にタオルが乾く。
あまりの乾燥の早さに、ちょっと恐れおののく。
うがいしておこ~っと。

水道の蛇口をひねると、水が冷たくて凍りそう。
冬の水だ~。

ちなみに、うちの洗面所の蛇口は水がでなくて、熱いお湯のみ。
顔を洗う度に、時々手をヤケドしそうになる。

・・・適温は?

f0136783_11572240.jpg

ホテルでの朝食後、タイムズスクエア近くのTKTSへ。
TKTSは、ブロードウェイで上演されているミュージカルの
当日券が半額+$4(手数料)で販売されているブース。
全てのミュージカルはないので、これを絶対に見て帰りたい!
という人にはお勧めできないけど、私のように何でもいいやという
人にはお勧め。
前までは、タイムズスクエア前にあったけれど、今は近くの
マリオットホテルの前に変わった。
既に朝からスゴイ人だった。
2006年の9月から再上演されている
「コーラスライン A Chorus Line」を見たいなあと思っていたら、
今日はマチネ(昼公演)のみらしい。
別の日にしよう。

ちょっとホテルの中に入ってみた。
近年、ブロードウェイで上演されたミュージカルのポスターが
貼られてあった。
f0136783_11394881.jpg

結構壮観!
今まで日本版も含めてどのくらい見たかなあ・・・。
寒いNYでちょっとテンションが上がる。

ほぼ斜向かいのコーラスライン上演中の劇場。
f0136783_11432465.jpg

絶対来るぞ!

ここから歩いてほど近い、バスターミナルPort Authority Bus Terminal へ。
私は初めての場所。
f0136783_11515315.jpg

マンハッタンからハドソン川を挟んで反対側のニュージャージーにある
日本食大型スーパー&フードコートのミツワもここから行けるらしい。
このミツワ、今回は行かないけれどこれがスゴイ。
前回(06年7月)訪れた時の店内はこんな感じ・・・
日本酒の品揃えに驚いた。
f0136783_1149681.jpg


和菓子屋さんが・・・うどん屋が・・・ある。
f0136783_11503389.jpg

日本とほぼ変わらない景色で、違うのはドル表示ということ。
隣には大型書店もあるのよ~。
さすがアメリカ。
日本が近い。


話がずれてしまったので戻すと・・・
f0136783_1158345.jpg

ここでバスチケットを買って、
f0136783_11591381.jpg

向かって一番奥のゲートに並ぶ。
目指すは、NY近郊最大のアウトレットモール、ウッドベリーコモン

日本を出て間もない頃、現地に住んでいる方に連れて行って頂いたのが最初。
また行きたいなあと思っていたので、今回再訪。
ただちょっと不安なのは、真冬の郊外ということ。
歩き回るだろうし、寒さがきつそう・・・。

出発すると程なくして長いトンネルに入り、
そこを出ると、もうすでにマンハッタンは遠くにあった。
f0136783_120542.jpg


大都会から車でわずか15分で自然豊かなウサギでも出てきそうな景色が広がる。
アメリカは広い。

揺られること1時間。
ウッドベリーコモンに到着。
f0136783_1211783.jpg

到着12時半。出発7時半。
f0136783_1222455.jpg

その間、GODIVAのホットチョコレートを口にしたのみ。
見た、買った、歩いた。そして疲れた。

買ったものの一部・・・
f0136783_1242940.jpg
f0136783_1244463.jpg
f0136783_125817.jpg

などなど。。。
ヘッドフォンは、ファクトリーリニュード(出荷後、工場で修理・再調整された)製品
がなかったので、新品を定価で買ったけど満足。
先月の日本出発の飛行機の中で買った、ロクシタンの練り香水が良かったので、
ここでも寄ってみると、同じ香水(液体)が大量に半額になっていた。
・・・人気ないのか?

スーツケースがボロボロになってきたので、スーツケースを2つ買って
それに入れて帰ってきた。
特にクリスマス前後から今の時期にかけては、どこもバーゲン!
寒さはどこかに吹き飛んだ。
またいつか、来たいなあ。

バスで再び揺られて1時間。
途中から大雨が降り出し、ターミナルからは地下鉄で帰る。
夕食は、マンハッタンのスーパーで買ったお寿司。

さっさと寝ないと、明日は4時半起き。。。
[PR]
by cocowaqui | 2008-01-13 23:30 | 07~ アメリカ | Comments(0)

真冬のNYへ!

朝イチで、空港へ向かう。
飛行機は順調に、カラカスへ。
途中の天気は曇り。

朝も早いので、スムーズに事は進み、
イミグレを通り、朝食をとろうとフードコートへ。

その中の1店で・・・
数種類のパンケーキやサンドイッチのメニューが
並んでいた。
パンケーキ、いいねえ。
じゃあリンゴのパンケーキとか頼んじゃおかな~、
注文しようとすると、ない、と言われた。
じゃあ何があるの?と聞くと、
ここに出ているパンとサンドイッチしかない、と言う。

メニューに載せておくなよ~と思いつつ、
じゃあサンドイッチは何があるの?
ときくと、ハムとチーズだけ。
・・・メニュー必要ないじゃん。
詐欺だよなあ、こんな事日本でしたら間違いなく。。。
というか、去年の4月のNYへ行く時も同じお店で、
同じ店員と同じ会話を繰り返した気がする。
進歩ないね、お互いに。。。

しかも、コーヒーとセットで、23.3ボリ(最近はフエルテをつけない:
約1200円、裏450円)。高っ!
隣のヨーロッパからの旅行者らしき人たちは、注文するのを
やめていた。
そりゃそうだよなあ・・・どう見てもその半額っていう品だし、
高すぎるよ!
味もそこそこだし、こんなのだったら素直に前回のお店に行って
おけば良かった。ちょっと後悔。

時間通り離陸。
南米大陸とは、しばしのお別れ。
f0136783_685930.jpg


食事が出てきた。今回はエコノミー。
さあ食べようかなと思ったら、何かヘン。
ナイフが2本入っていた。
f0136783_693090.jpg

フォークをもらおうとお願いしたら、
それで食べてみたら?と言われる。
お箸みたいにって事でしょ、言われると思ったよ。
でも、ちゃんと持ってきてくれた。
・・・当たり前か。

NYまでは、4時間50分。
食事後は、意識がないぐらいに爆睡。
最近寝不足で頭が疲れていたから、スッキリ。

イミグレで40分。
預入れ荷物が出てくるまでに45分。
時間がかかるなあ。。。
そして当たり前だけど、寒い。
NYでは暖かい方の、5℃らしい。
着るものがほとんどないんだよなあ。
真冬のNY、来ること考えていなかったし・・・。
とりあえず、マンハッタンのホテルまでタクシーで移動。

荷物を置いてから、地下鉄で手っ取り早く着るものが
探せる、センチュリー21へ。
セーター類を探すものの、どれも当たり前だけど
手が長いんだよね・・・。
半袖だと、意味ないし。
閉店時間も迫っているので、とりあえずの2着と帽子を買う。

マンハッタンの地下鉄は寒く、汚く、臭う。
コートの替えボタンを線路の水たまりに落とすし、
なんかついてない。
f0136783_6104330.jpg

クリスマスツリーで有名な、ロックフェラーセンターへ
行ってみた。
ほんの数日前に撤去され、もうツリーはなかった。

f0136783_6121733.jpg

この上に立つ。


f0136783_6113919.jpg

スケートリンクではたくさんの人が滑っていた。

正面の像を、敢えて後ろから撮ってみた。
f0136783_6131364.jpg

・・・意外とシュールだった。

これだけだとなんなので、きちんとしたものも・・・
本当はこんな感じ。(2004年1月撮影)
f0136783_6133953.jpg


夕食は、博多ラーメンとあんかけチャーハン。
チャーハンが美味しかった。
f0136783_6141140.jpg

食べ終わって一息ついていると、2テーブルの横に
新しいお客さんが入ってきた。
女性がコートを脱ぐと、目も覚めるぐらいの真っ青な
カクテルドレスを着ていた。
はぁ、ドレスを着てラーメンを食べに来るんだねえ。
都会だ、ニューヨークは。

f0136783_6202387.jpg

トニー賞の授賞式や、夏とクリスマスシーズンに行われる
ロケットダンスで有名なラジオシティミュージックホール。
1932年の開場らしい。
f0136783_6205242.jpg

この頃の建物好きとしては、マンハッタンには多くて、
歩きがいがある。

スーパーで水を買う。
f0136783_6223083.jpg

整然と並ぶ食料品。オレンジジュースもあるよ~。
・・・感動の数値がヘンになってきた。

そして、夜のタイムズスクエア!
これを見ると、NYに来たっていう感じがする。
f0136783_6231481.jpg


何だか、コネタだらけの一日だった。
[PR]
by cocowaqui | 2008-01-12 23:04 | 07~ アメリカ | Comments(8)

キーウェストへ その2~アメリカ最南端の地

f0136783_0201856.jpg

この国道1号線沿いは、富裕層の別荘や邸宅が並んでいた。
澄んだ珊瑚礁の海と1年中温暖な気候は、どこの国の人でも
憧れるもののようだ、やっぱり。
でもハリケーンの被害、確か毎年多いはず。
それでもいいところなんだろうなあ・・・。


f0136783_0253313.jpg

キーウェストに着いた。
ここは・・・
1521年に最初のヨーロッパ人が足を踏み入れ、
やがてスペインの植民地となった。
この島で人骨が発見され、スペイン語でカヨ・ウエソCayo Hueso
(人骨の島)と呼ばれていたことから、カヨ→キー + ウエソ→ウェストとなり、
今の名前になったようだ。

ホントに、世界にはスペインの植民地だったところが多いわ・・・。
カリブ海沿岸、中南米はスペイン領時代のコロニアル建築物ばかり。
ここも、アメリカというよりどこかコロニアル調建築が多い。
もちろん、年中温暖な気候を考えてそうなっ
ているんだろうけれど。
スペインがいかに、船で世界中に乗り込んで植民地にしていったかが、
よくわかる。
ここもか・・・。


f0136783_027844.jpg

キーウェストで一番古い邸宅

f0136783_0273031.jpg

教会もどこか、コロニアルな感じ。

何の目的もないまま来てしまったので、とりあえず海沿いを散歩。
ここはマロリースクエアという、町歩きの起点らしい。
クルーズ船も停泊するところで、水族館もあった。
f0136783_0281057.jpg


海を覗くと、イカや熱帯魚が泳いでいた。
f0136783_0293029.jpg

やっぱり水が温かいんだ!

f0136783_0302984.jpg

真っ白な建物、真っ青な空と透き通った海、
・・・そして歩いても安全な場所。
気持ちが豊かになるねえ、ホント。

f0136783_0324385.jpg

通りに出てみたら、突然現れた巨大人形。
ここは、美術と歴史の博物館 Key West Museum of Art & History の前。
f0136783_0335789.jpg

どこかでみたことあるなあと思ったら、
フランス印象派の画家、ルノアールの「ブージバルの踊り」(ボストン美術館蔵)
に描かれている2人によく似てる。ていうか、そっくり。
なんかここと縁でもあるのかな?
それにしても、ここまで大きいとカワイクない。

キューバのハバナが近いので、タバコ屋も葉巻がたくさん売られていた。
f0136783_0372887.jpg

ちなみに、ここからキューバまでは90マイル(144キロメートル)。
アメリカだけど、カリブの薫りがする。

f0136783_0384148.jpg

市内の観光名所を廻るコンク・トレイン。今回は時間の関係で、乗らず。残念!

f0136783_039969.jpg

この建物は、難破船博物館Shipwreck Historeum。これも行かず。


ふらっと入ったサンゴやコンク貝(コンクパールがとれる大きな巻き貝)
が多く売られているこのお店、貝が専門のお店らしいけど・・
f0136783_040402.jpg

私が買ったのは石。昔から石、好きなのよね。
・・・我ながらへそ曲がりだ。
しかも、春に行ったイグアスの滝近くの土産物屋でたくさん売ってたのに。。。
でも、きれいでしょ♪

ちょっと遅めの昼食は、マロリースクエア近くのお店で。
ふらっと入ったので、もう一度行ったらたぶん分からない。
ハンバーガーを頼んだけど、さすがアメリカ、大きかった。
美味しかったけどね。


f0136783_0411129.jpg

アメリカ合衆国本土最南端のブイ、サザンモストポイント。
このブイと一緒に写真を撮る人の列が長かったので、
ちょっと横から撮らしてもらった。

f0136783_042218.jpg

ここはホテルと博物館になっているらしい。
長いドレスを着たご令嬢が出てきそうな感じ。

再び4時間弱かけて帰る道すがら、振り返るとキーウェストの方角に
ちょうど夕日が沈むところだった。
f0136783_0423479.jpg

どうせなら、キーウェストで見たかったなあ~。

マイアミに戻ってから、夕食は美味しい日本食レストランで・・・と
思ったら、休業日。
すごく残念。
代わりに、韓国レストランへ行った。
ここは、同じお店内で後から始めた寿司レストランの方が
大きくなってしまって、いつ韓国料理がなくなるのか心配のお店。

考えてみると、いつも日本料理か韓国料理ばかりだなあ・・・。
でも、中華は油っぽくて当たりはずれがあるし、
それ以外の料理はもっと当たりはずれが激しいから・・・
安全圏はやっぱりこの2つだな・・・。

キーウェストから帰ってきて・・・
調べてみたら、ヘミングウェーのゆかりの地だったのよね・・・。
住んでいた家も博物館として公開されている模様。
そういえばどっかで聞いたことがあったっけなあ・・・

次回(はあるのか?)きちんと下調べして、観光したいな♪
[PR]
by cocowaqui | 2007-12-09 23:18 | 07~ アメリカ | Comments(0)

キーウェストへ その1~セブンマイル・ブリッジまで

前日からレンタカーを借りているので、
せっかくだからどこかへ・・・ということで、
マイアミから南に160マイル(256キロ)のところにある、
アメリカ合衆国最南端の都市、キーウェストKey Westへ
行くことにした。

途中通る予定の、セブンマイルブリッジは旅行会社の
パンフレットによく載っている写真で、結構印象に残っていた。
こんなにアッサリ行くことになるなんて、ちょっと拍子抜け。
こんなことならきちんと下準備しておけば良かった。。。
フロリダのガイドブック、そういえば買ってなかったなあ・・・。

まあとりあえず、南へGO!

キーウェストへはフロリダ半島から続く国道1号線US-1を通っていく。
マイアミからは、片道160マイル(256キロ)。4時間弱のドライブ。
f0136783_4544295.jpg

小さな島から島へと、延々珊瑚礁の海の上にかかる橋を
渡っていくこの道路は、
オーバーシーズ・ハイウェイOverseas Highwayと
呼ばれている。
そして、アメリカで最も美しいハイウェイと言われているとか。
f0136783_455874.jpg


日曜ということもあって、サーファーたちの色とりどりのカイトが・・・
いいなあ、のどかで。
f0136783_504634.jpg


島から島に渡るときは橋からの眺めが素晴らしいものの、
橋以外の道路は、陸づたいに行っているのと景色がそう変わらないので、
あまり島を渡って走っている感じが、実はあまりしない。
きれいだけれど、正直もっとスゴイものかと思っていた。
私が感性が鈍いのか??
たぶん、空から見たら息をのむような景色なんだと思う。

そうはいっても、美しい海と橋のコントラストはやはり美しい。

f0136783_5175375.jpg

マイアミから約3時間で、セブンマイル・ブリッジ(Seven Mile Bridge)
に到着。
車から降りると、日差しが眩しく、きつい。

全長7マイル(約11キロ)の橋。
f0136783_543354.jpg

右側は、もう使われていない古い橋。
1912年に3年の歳月をかけて完成した。
海を渡る鉄道橋として使用されていたが、1935年のハリケーンで
壊滅的な被害を受け、補修工事後は高速道路として使われていた。
今は通れないように、途中何カ所かバッサリ絶たれている。

今の橋は、1982年にやはり3年の歳月をかけ完成されたもの。
こうして並ぶと、度重なる自然災害にも負けずに
役目を務めてきた歴史の重みを感じる。

橋の真下を通って、反対側にまわってみることにした。
f0136783_571721.jpg

釣りをしている人を多く見かけた。
この辺りは、結構釣れるらしい。
f0136783_583266.jpg

ペリカンも見た。岩場の魚を目指して近くまで来たけど大きくてちょっとコワイ。
f0136783_585371.jpg


あと1時間ちょっとで、キーウェスト。
もうすぐだ!
[PR]
by cocowaqui | 2007-12-09 21:48 | 07~ アメリカ | Comments(0)

日本、出発!

いよいよ、また日本としばらくのお別れの日。

午前中、最後の買い物や用事などを済ませる。
祖父に挨拶をしたけど、祖母は忙しいので留守。
まあ、あとで電話をすればいいか。。。

成田空港まで両親に送ってもらう。
荷物は、大小1個ずつのキャリーバック。
1つは機内に持ち込もうかとも思ったけど、上げ下ろしが大変なので
2つとも預けることにした。

送ってもらったので一緒にお茶でもと思ったけど、
今晩泊まるホテルをまだメモしていなかったので、
さっさとラウンジに行くことにした。

JALのラウンジは、今年の七月に新しくなってとてもピカピカ。
ビジネスコーナーのパソコンを借りて、ホテルを調べる。
入国書類で滞在先の欄があることを思い出して良かった。

最近の成田空港は、各航空会社がラウンジをリニューアルして、
とても力を入れているとか。。。
f0136783_848026.jpg

このラウンジの目玉は、何といっても3Fにビュッフェコーナー
ができたこと。
ドリンクの他にスープやサラダ、カレーなど軽食が食べられる。
私も腹5分程度に食べる。
カレーにはゴロゴロ大きなお肉が入っていて、美味しい♪
結構たくさんの人が、食事をしていた。


18時、サンフランシスコへ出発。
今回はJALのビジネス。嬉しい♪
意外と機内は空いていて、隣の人がいないので気兼ねもなく
ゆったり過ごせた。

機内食もガラリとリニューアルされて、
おつまみからして、乾きものと生ハム・・・すごい。
f0136783_8501213.jpg

夕食は和食。
f0136783_8504174.jpg

f0136783_8505979.jpg

以前は竹の紙にくるんでチンされてきたご飯も、炊きたてとか。
飛行機の中じゃないみたい。
とても美味しくって、大満足。
f0136783_8512075.jpg

・・・お腹が苦しい。

食後は、映画を2本
「ヘアスプレー」と「ボーン・アルティメイタム」を観る。
そろそろちょっと眼が疲れてきたので、
1時間ほど寝る。

窓外が明るくなってきた頃、朝食。
名残惜しいので、また和食。
温泉玉子が美味しかった。
f0136783_8521523.jpg


サンフランシスコには、再び同日の午前10時に到着。
ここに来たのは、あの9・11事件前後以来。
郊外の親戚の家に母と遊びに来て、到着したのが
その前日の9月10日。
直接的は何も起こらなかったけど、帰りの飛行機の心配など
いろいろあったなあ~。

そんなちょっと思い出深い空港。
気温は9℃。結構寒い。
ここからは国内線でマイアミに向かう。
アメリカンのラウンジで、1時間ほど日本から持ってきたDVDなどを
見て時間を潰す。
・・・そろそろ眠くなってきた。

12時過ぎ、搭乗開始。
今回はファースト(ビジネス)の一番前の座席。
最後に乗ってきたのは、お隣の人で品のいい白人のご婦人。
エンターテイメントシステムがよくわからないらしく、いろいろ
聞かれてしまった。
この路線は、エンターテイメントがとても充実していて、
BOSEのヘッドフォンと個人用のエンターテイメントプレイヤーが
配られる。
映画やCD、オーディオプログラムがかなり入っていて
スゴイ!んだけれど、そろそろ眠気が限界。
さっさと食事を済ませて、爆睡。
3時間は寝たか・・・意識がないぐらい寝た。
ここで時差ボケは解消。

ちなみに、食事の好き嫌いなし、胃腸丈夫で、
どこでも寝られる上に、時差ボケなどがあまりないので、
根っからの旅行体質なのかもしれない。
これで、語学の才能があれば完璧!なんだけれどねえ・・・。

サンフランシスコとマイアミの間は、時差が3時間。
アメリカは広い。
マイアミには20時半頃到着。
先に仕事で来ていたダンナが、迎えに来ていた。
荷物が出てくるまで小1時間。
借りていたレンタカーでホテルへと向かう。
夕食は、お持ち帰りしてきてくれた納豆巻とネギトロ巻き。
これがスゴ~ク美味しかった。
マイアミ恐るべし。

こうして長~い1日がようやく終わった。
食べることぐらいしか楽しみがなかった・・・。

さあよく寝て、明日は遠出だ!
[PR]
by cocowaqui | 2007-12-08 23:44 | 07~ アメリカ | Comments(0)

少し春めいたNY

しばらく、日本に帰国する事にしたので、
3週間ぶりにNYへ訪れた。

マンハッタンに着いたのは、午後4時過ぎ。
日照時間は長く、夜の8時近くまで明るかった。
f0136783_1373429.jpg

少し肌寒かったが、チューリップが咲き、
新緑が芽吹き始めていた。
f0136783_132515.jpg

NYにも、春が訪れていた。
[PR]
by cocowaqui | 2007-05-05 22:16 | 07~ アメリカ | Comments(0)