「ほっ」と。キャンペーン

2日目:プエルトリコ観光1~オールドサンファン

明け方ぐらいから、人の声がして目が覚めた。
おでこもまだ痛い。
部屋の前が、朝食をとるためのスペースになっていて
その準備の人たちの声が、よく響くのだ。
普段ならこんな事も深い眠りの中から起こされないけど、
やっぱり抜けない二日酔いとで今日は浅い眠りだった。
実はこのホテル、
吹き抜けの1Fの真ん中がその朝食スペースなので、
どこの部屋でもたぶん、声は響くと思う。
あまり、ゆっくりはさせてはもらえないホテルなのだろう。

それで朝食が良ければいいけど・・・ねえ。
f0136783_5213377.jpg

で、荷物をまとめてさっさとチェックアウト。
荷物だけ預かってもらって、
オールドサンファンの街観光開始♪

プエルトリコは、アメリカの自治領。
グアムと同じ扱い。
スペイン語と英語が公用語で、表示も2カ国語ある。
でも聞こえてくるのはスペイン語ばかり。

もともと先住民族が住んでいて、そこにかの有名なコロンブスが、
やってきたのが1493年。
プエルトリコの名前の由来は、彼が、なんて美しい港なんだ!と
叫んだことからとか。
その後、やってきたコンキスタドール(征服者、冒険家)たちによって、
先住民達は征服されてスペイン人たちが入植した。
概要は、とりあえずここまで。

だから、コロニアル風の建物が今も多く残る。
f0136783_524164.jpg

↓ホテルのすぐ横のアルマス広場と教会
f0136783_5325739.jpg

街並みを眺めながら、歩く。
f0136783_5381841.jpg

↓サン・ファン大聖堂 Catedral de San Juan
f0136783_5393679.jpg

この大聖堂は、入植直後の1521年からあり、この建物はその後建てられたもの。
中ではちょうどミサの最中で、外では何かの撮影中だった。

この大聖堂の前に立っていたのが、昨日の夕食をとったホテル。
明るいときに見ると、確かに立派だった。
昔は修道院、今はホテル。
f0136783_5491340.jpg

f0136783_6174692.jpg


ホテル前は、足下の水道メーターが集中してたので撮ってみた。
やっぱりスペイン語だった。
f0136783_55744.jpg


このクリスト通りをまっすぐ行くと、
↓サン・ホセ教会 Iglesia de San Jose
f0136783_613357.jpg

改修工事中。
中央の像は、ポンセ・デ・レオン。
コロンブスの後にやってきたコンキスタドール。
この教会は、16世紀半ばに建造され、ポンセとその子孫たちが
長年眠っていた。(今はその一部が、サン・ファン大聖堂へ)

↓すぐ横には、パブロ・カサルス博物館。(写真正面)
f0136783_663269.jpg

スペイン出身の有名な音楽家、パブロ・カザルスのゆかりのものが
展示されている。晩年はこの地に居を移した。
本日はお休み。

トーテンポールを見ながら、
f0136783_6141742.jpg

海の方へと歩いていくと、
エル・モロ要塞が見えてきた。
f0136783_6161672.jpg

[PR]
by cocowaqui | 2008-03-16 21:24 | 08春 カリブ海周辺、NY.etc | Comments(0)
<< サンファン観光2~エルモロ要塞 1日目:遠かったプエルト・リコ >>